怒りすぎてすべてを失う恐れあり

第5回 「数値化テクニック」で怒りのサイズを知ろう

自分の怒りを点数化してみる

第2回で、ディレイする(反応を遅らせる)アンガーマネジメント・テクニックについて述べた。カチンときたら、数を6秒数える。怒りのピークは最大でも6秒と言われ、6秒間だけでも違うところへ意識を飛ばすことで、衝動に任せ、取り返しのつかなくなるような言動を回避するのである。それとあわせて活用したいのが「スケール(点数化する)テクニック」だ。

 スケールテクニックとは、「10点満点」で、自分の怒りの強さを点数化し、その時々の怒りを客観視する対処術である。点数は自分の基準で決める。気温のように絶対値ではない。怒りを感じ、点数をつける際は「だいたい3点ぐらいかな」といったようにアバウトで構わない。ただ、ある程度の標準化をしたほうが、後で客観的に振り返れるので、各点数ごとの状態を自分で決めておくことをお勧めする。

 その際にヒントになるのが、「怒りのボキャブラリー」だ。10点満点で、穏やかな状態を0点、人生最大級の制御不能な怒りを10点とし、怒りを感じるたびに点数をつけていく。たとえば「3点 不愉快」、「5点 憤慨」など、各点数に応じた怒りのボキャブラリーを決めておくと、正確に点数化しやすくなる。

   そして、怒るたびに、その点数を手帳などに記録してほしい。なぜなら、記録することで点数のつけ方が安定してくるからだ。例えば、
 「電車の中で足を踏まれたのに謝罪がなかった……3点」
 「ランチで注文した料理が出てくるのが遅い……この前よりムカついていないから2点だな」
のような感覚だ。

 冒頭に、電車の駅のホームから男性が突き落とされた事件について述べた。ちょっと注意をされたことで、制御不能な「10点」の怒りをぶつけていたら、周囲の人はたまらないし、自分自身も怒りを契機に大きなものを失う。5分で忘れるような小さな怒りなら「1点」とし、適当な対処術を使って、すぐに「心のコップ(第4回参照)」から水を抜いてしまおう。

次ページ身近にいる大切な人を傷つけていないか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。