「コロナ出産」を経た夫婦に訪れた"大きな進化"

「居酒屋経営&出産」に挑んだ夫婦の軌跡

ある日のペンギン酒店の風景より。左は長男くん。店では、まるでスペインのバルのように、子連れと、大人だけで来ているお酒好きがそれぞれに楽しんでいる(写真提供:ペンギン酒店)

マンガで描いたように、このペンギン酒店は「お客さんの楽しさ」「自分の家庭の幸せ」の2つを同時に追求しています。

そして、さらにもう1つ、このお店が目指しているのは「子どもがいても飲食店を楽しめること」です。以下は、オープン時に店に貼られた挨拶文からの抜粋です。

「ぼくたちには、ちいさな子どもがいます。ぼくたち夫婦は食べること、飲むことが好きですし、もちろん外食するのも大好きです。

でも子どもが生まれてから外食することが『楽しいこと』から『ちょっと大変なこと』に変わってしまいました。ぼくたちは、このペンギン酒店を作るときに『ちょっと大変なこと』を少しでも減らせるようなお店を作りたいと思いました。

お店を禁煙にさせてもらい、奥に小上がりの座敷を作りました。壁を一面黒板にして、おもちゃや絵本も用意して、子供たちが遊べるようにしました。離乳食や子どもの食べ物、飲み物は持ち込み大歓迎です。

ぼくたちは『おうちみたいな、のんびり酒場』を作りたいと思っています。もしよければ、仕込み中でも、営業中でも、フラッとのぞいてみてくださいね。オープンしたばかりのちいさな店ですが、みなさんに楽しく使ってもらえたらうれしいです。ペンギン酒店 ろくちゃん はなちゃん」

コロナでいろいろ悩んで見えたこと

このコロナ禍で、一時期はこのお店も「楽しいだけでは、食べていけないのかもしれない」と悩んだことがあったそうです。でも、いろんなことを経て「やっぱり楽しいことを追求していこう」と決めたそう。

まだまだ安心できず、長期化しそうなコロナ禍。でも、この時期は「自分にとって本当に大事なこと」に気づける時期でもあるのかもしれません。

というわけで、鹿児島のペンギン酒店から学んだつかれない家族になるヒントは……

コロナで生活や仕事環境に影響が出て、ぐったり……

大変な時期だからこそ「自分と家族にとっていちばん大切なこと」を見失わないこと。普及したオンラインなど、逆境を逆手にとって、家族が幸せになれる新たな道を探っていこう。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT