「夫の家事育児ゼロ」でも仲がいい夫婦のナゾ

留守がちでも「妻をラクにすること」はできる

この連載の一覧はこちら
家事や育児、介護などの分担をめぐって、家族間で言い争いが増えて、いつのまにか一緒にいて心地よい存在だったはずの家族が「つかれる存在」になってしまった……そんな話を聞くことがよくあります。
どうして自分の不満が家族に伝わらないの?どうしたら「つかれない家族」になれるの?
そんなふうに「つかれる家族」と「つかれない家族」を考察するこの連載。
数回に分けて「妻がほぼワンオペ育児状態でも夫婦仲がいいってありえるの?」をテーマに、富山在住のある夫婦のインタビューを紹介していますが、前回は「妻がほぼワンオペ育児状態になった理由」について(記事はこちら)。今回は、その実際の家事育児分担の詳細について紹介します。

夫の家事育児ゼロ!どうやって3人を育てているのか

 
次ページ愛用している便利アイテム&サービスとは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。