コロナに「めげない居酒屋」の明るすぎる超対応

「何でもやるぜ!」の精神が生む"アイデア"

この連載の一覧はこちら

コロナ感染拡大予防のための緊急事態宣言がとかれ、その後に出された東京アラートもついに解除になりました。

次第に日常が戻ってきていますが、それでも元通りになるにはもう少し時間がかかりそうな物事もあります。そのひとつが、外食。営業自粛を余儀なくされた店のダメージは大きく、ここにきて人気の名店が閉店するニュースも次々と飛び込んできます。

自粛生活の中で外食のありがたみを感じた人も多かったと思いますが、どうすればこの苦境を乗り越えられるのでしょうか。

そこで、前回記事に続き、鹿児島で居酒屋を経営するある夫婦の事例を紹介します。そのアイデアの出し方には学ぶところが少なくありません。イチ消費者として、これならば楽しく支えられる!と思えるヒントも、そこには多くちりばめられていました。

前回記事:「飲食店のコロナ問題」は決して他人事じゃない

自粛中、居酒屋「ペンギン酒店」は…

次ページアイデア満載!
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。