コロナに「めげない居酒屋」の明るすぎる超対応

「何でもやるぜ!」の精神が生む"アイデア"

この連載の一覧はこちら

コロナ感染拡大予防のための緊急事態宣言がとかれ、その後に出された東京アラートもついに解除になりました。

次第に日常が戻ってきていますが、それでも元通りになるにはもう少し時間がかかりそうな物事もあります。そのひとつが、外食。営業自粛を余儀なくされた店のダメージは大きく、ここにきて人気の名店が閉店するニュースも次々と飛び込んできます。

自粛生活の中で外食のありがたみを感じた人も多かったと思いますが、どうすればこの苦境を乗り越えられるのでしょうか。

そこで、前回記事に続き、鹿児島で居酒屋を経営するある夫婦の事例を紹介します。そのアイデアの出し方には学ぶところが少なくありません。イチ消費者として、これならば楽しく支えられる!と思えるヒントも、そこには多くちりばめられていました。

前回記事:「飲食店のコロナ問題」は決して他人事じゃない

自粛中、居酒屋「ペンギン酒店」は…

次ページアイデア満載!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT