「コロナ出産」を経た夫婦に訪れた"大きな進化"

「居酒屋経営&出産」に挑んだ夫婦の軌跡

この連載の一覧はこちら

世界中で続く新型コロナウイルスの脅威ですが、日本では6月19日に県境を越える移動の自粛要請が解除となり、7月1日には東京ディズニーランド・シーの再開も決定するなど、日常も経済活動もいよいよ平常に戻り始めました。

一方、なかなか元どおりとはいかないのが外食。会社からの会食自粛指示が解けていない人も多いのではないでしょうか。さらにこの時期に妊娠、出産が重なった人たちも、感染予防に気が抜けない日々が続きます。

今回は「コロナ禍での飲食店経営」と「妊娠・出産」という2つの高い壁に挑んでいる夫婦について、取り上げます。彼らのやり方には、これらの状況にない人でも、学べる点がたくさんありました。

5月に第2子を出産したある夫婦は…

次ページ東京の親のサポートを受けるはずが!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT