「生活のための仕事」に転職した男性のホンネ

海洋水産学の研究者から地下鉄の運転手に…

この連載の一覧はこちら
家事や育児、介護などの分担をめぐって、家族間で言い争いが増えて、いつのまにか一緒にいて心地よい存在だったはずの家族が「つかれる存在」になってしまった……そんな話を聞くことがよくあります。
どうして自分の不満が家族に伝わらないの? どうしたら「つかれない家族」になれるの?
そんなふうに「つかれる家族」と「つかれない家族」を考察するこの連載。数回に分けて、日本人妻とイタリア人夫との国際結婚カップルの家事育児分担事情について紹介してきましたが、前々回は夫Jさんの料理のメイン担当になったワケと夫婦W時短勤務について(記事はこちら)、前回はこの夫婦のそのほかの家事育児分担の詳細について(記事はこちら)、今回は、夫Jさんの意外な過去と子育て中の働き方についてです。

努力不足、それとも能力不足?!

次ページ今は運転手、元は海洋水産学の研究者?!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。