「生活のための仕事」に転職した男性のホンネ

海洋水産学の研究者から地下鉄の運転手に…

市場のお気に入りの魚屋さんで談笑するJさん。海洋水産学研究の仕事を辞めた今も、魚好きは変わりません(著者撮影)

夫のJさんいわく「イタリア人は家族を大事にする。だから、こうしてイタリアから離れて外国に住んでいる時点で、僕も、それを許した両親もイタリア人らしくはないよ」とのこと。

とはいえ、Jさんが家族を大事にしていることはマンガからもわかるとおりです。結局はJさんもイタリア人らしいのかもなあ、と思ったりもしました。

ちなみに、このJさんのような「妻には自分が満足する仕事をやってほしい」という考え方、日本よりもスペインに住んでからのほうがよく聞く気がします。しかも彼のように実家の母がバリバリ働いていた、という場合に限らずなのです。そして、そういう男性たちに共通するのは、妻に対して求めているものが「自分をサポートする人」ではなく「魅力的なパートナー」だということ。そういう人が多いからこそ、家事育児の外部委託も普及したのだろうなあ、と思いました。

「隣の芝生が青い」とならないためにも…

今回の取材では「仕事と家庭とのバランス」について新たな目線で考えることができたのですが、強く感じたのはマンガで描いたような「どんな働き方だろうが、選択の自由がある社会がいい」ということがひとつ、そしてもうひとつは「その選択をしっかりと具体的に決断することが大事だ」ということです。

どんな働き方をするにしても、状況や周りに流されてなんとなく選ぶのではなく、最終的には夫婦で決断してちゃんと「自分の選択」として選ぶこと。そのうえで「その働き方にあった家事育児のやりかた」を決めていくこと。もし「家庭優先にする」と決めたなら「いつまでが優先時期かちゃんと決める」こと。そういう決断をまず最初にしたほうが、その後の生活にも迷いなく、隣の芝生が青く見えたりもしにくいのかもしれないなあ、とも思ったりしました。

さて、今回の話から学んだ「つかれないヒント」は……

バリバリ働きつつの育児につかれた

人生の一時期、仕事を小休止するのはアリ
自分にあった働き方を選ぼう!

さて、皆さんは、家庭を優先するために、働き方や仕事を変えた経験はありますか? もしあるなら、どんなふうに変えたのか、そのメリットとデメリットなどをぜひコメント欄で教えてください!

この連載のサブ・コミュニティ「バル・ハラユキ」がオープンしました。ハラユキさんと夫婦の問題について語り合ってみませんか? 詳細はこちらから。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT