スペインから見て、日本人の生活は「苛酷」だ

私たちは、人に頼ることを知らなすぎる

この連載の一覧はこちら
家事や育児、介護などの分担をめぐって、家族間で言い争いが増えて、いつのまにか一緒にいて心地よい存在だったはずの家族が「つかれる存在」になってしまった……そんな話を聞くことがよくあります。
どうして自分の不満が家族に伝わらないの? どうしたら「つかれない家族」になれるの?もしかしたら家族への「伝え方」を変えることで、状況は変わるのでは……?
そんなふうに「つかれる家族」と「つかれない家族」を考察するこの連載、前々回から数回に分けて「家事育児の外部委託」をテーマにお届けしています。家族や親族で分担しても、友人知人に頼っても、それでもどうしても手が足らない、時間が足らない。そのために家族がつかれてボロボロ、家族間もギスギスしてしまっている…。そんなときのひとつの解決手段が、プロにおまかせするということ。
前々回の「病児保育」(記事はこちら)、前回の「ベビーシッター」(記事はこちら)につづき、今回は「海外における家事育児の外部委託事情」についてです。

親と子で人種が違う・・・?

次ページ知人いわく…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。