「僕の給料は夫婦で稼いだ」という人の夫婦仲

伴侶に感謝できる人たちの「頭の中」

この連載の一覧はこちら
家事や育児、介護などの分担をめぐって、家族間で言い争いが増えて、いつのまにか一緒にいて心地よい存在だったはずの家族が「つかれる存在」になってしまった……そんな話を聞くことがよくあります。
どうして自分の不満が家族に伝わらないの? どうしたら「つかれない家族」になれるの? もしかしたら家族への「伝え方」を変えることで、状況は変わるのでは……?
そんなふうに「つかれる家族」と「つかれない家族」を考察するこの連載。今回のテーマは、家庭内の「感謝の言葉」についてです。毎日必死で仕事や家事育児をこなしてヘトヘト、でも家族からの感謝の言葉やねぎらいの言葉がないことでつかれが倍増している……そんな心当たりはありませんか?
2回にわたって紹介してきたてらいさんご夫婦に(前回記事についてはこちら、前々回記事はこちら)、夫婦間の会話についても伺ってみました。

感謝の言葉のひとつもない!

次ページ感謝されないことでさらにつかれている夫婦は多い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナショックの大波紋
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。