「6人子育て中でも円満」夫婦にはコツがある

「眠い」「人手が足りない」はやり方次第だ

この連載の一覧はこちら
家事や育児、介護などの分担をめぐって、家族間で言い争いが増えて、いつのまにか一緒にいて心地よい存在だったはずの家族が「つかれる存在」になってしまった……そんな話を聞くことがよくあります。
どうして自分の不満が家族に伝わらないの? どうしたら「つかれない家族」になれるの? もしかしたら家族への「伝え方」を変えることで、状況は変わるのでは……?
そんなふうに「つかれる家族」と「つかれない家族」を考察するこの連載。今回から数回に分けて、とある国際結婚家庭を通して「夫婦の時間のつくりかた」をテーマにお届けします。
平日は仕事や育児や家事に追われ、休日は子どもと遊んでぐったりで夜は寝るだけ……。夫婦2人だけの時間がない生活にもうつかれた、そもそも妻は睡眠不足でいつもグッタリしてるし……という家庭に心当たりはありませんか?

今日もグッタリ…

次ページとある国際結婚家庭では?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
官僚の掟<br>忖度エリートのカネと出世

不人気、不遇、不祥事で没落するエリートたちの悲哀。次々に発覚する官僚たちの過ち。採用応募者は年々減少し、東大生の官僚離れが顕著に。それでも官僚はおいしい仕事なのか?