「料理しない夫」は"未来永劫"変わらないのか

得意なほうがやればいいけれど…

この連載の一覧はこちら
家事や育児、介護などの分担をめぐって、家族間で言い争いが増えて、いつのまにか一緒にいて心地よい存在だったはずの家族が「つかれる存在」になってしまった……そんな話を聞くことがよくあります。
どうして自分の不満が家族に伝わらないの? どうしたら「つかれない家族」になれるの?もしかしたら家族への「伝え方」を変えることで、状況は変わるのでは……?
そんなふうに「つかれる家族」と「つかれない家族」を考察するこの連載。今回のテーマは「料理」の分担についてです。
メニューを考え、買い出しをして、作って、片付ける……等々と工程の多い料理は、ほかの家事に比べて負担を大きく感じる人も多いもの。夫婦げんかの火種にもなりがちですが、はたしてみなさん、どうやって分担しているのでしょうか? もし相手にもっと料理をしてほしい!と思う場合、どんな働きかけが有効でしょうか。

料理担当は妻?夫?

次ページ知人にはこんなパターンも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。