「料理しない夫」は"未来永劫"変わらないのか

得意なほうがやればいいけれど…

この連載の一覧はこちら
家事や育児、介護などの分担をめぐって、家族間で言い争いが増えて、いつのまにか一緒にいて心地よい存在だったはずの家族が「つかれる存在」になってしまった……そんな話を聞くことがよくあります。
どうして自分の不満が家族に伝わらないの? どうしたら「つかれない家族」になれるの?もしかしたら家族への「伝え方」を変えることで、状況は変わるのでは……?
そんなふうに「つかれる家族」と「つかれない家族」を考察するこの連載。今回のテーマは「料理」の分担についてです。
メニューを考え、買い出しをして、作って、片付ける……等々と工程の多い料理は、ほかの家事に比べて負担を大きく感じる人も多いもの。夫婦げんかの火種にもなりがちですが、はたしてみなさん、どうやって分担しているのでしょうか? もし相手にもっと料理をしてほしい!と思う場合、どんな働きかけが有効でしょうか。

料理担当は妻?夫?

次ページ知人にはこんなパターンも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。