「時短食材キット」、急成長ビジネスの舞台裏

管理栄養士の監修からインスタ映えまで

食材は下ごしらえされ、後は切るだけ。2品の料理が約20分でできる(写真:オイシックスドット大地)

下ごしらえした野菜や肉、魚と調味料をセットにした「ミールキット」。今、働く女性を中心に手軽に作れる献立キットの需要がじわりと広がっている。

有機野菜宅配の最大手・オイシックスドット大地は、2013年7月から「kit Oisix(キットオイシックス)」と呼ばれるミールキットを販売している。ミールキットを購入する会員数は2017年6月末時点で5.5万人と1年前から約45%も増加。累計出荷数は600万食を突破するなど、オイシックスブランドを支える商品に育っている。

専用工場を再度増強

当初は神奈川県海老名市の物流センター内部で製造していたが、出荷数量増加を受け、2015年6月には物流センターに隣接する形でキットオイシックスの専用工場を立ち上げた。工場新設によって生産能力は4倍となったが、今後の販売増加をにらみ、さらなる設備増強をする方向で検討に入っている。

「キットオイシックスを始めた2013年ごろは一部の企業がやっているだけで、ミールキットという言葉すら認知されていなかった」。オイシックスドット大地の菅美沙季・執行役員はサービス開始時をこう振り返る。

ミールキットとは具体的にどういう商品なのか。キットオイシックスの定番商品である「ジューシーそぼろと野菜のビビンバ」は、ニラやエノキ、小松菜や合いびき肉のそぼろ、調味料など必要な食材がセットになって送られてくる。中にはわかりやすいレシピが入っていて、そのとおりに料理すれば、手作りご飯が簡単にできるというものだ。

次ページ2品の料理を20分で
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。