オイシックス社長「アマゾン買収劇は大歓迎」

大地との経営統合で襲来にどう備える?

今秋に予定する大地を守る会との経営統合に先立ち、7月1日に「オイシックスドット大地」へ社名を変更する(写真:オイシックス)

「アマゾンとホールフーズ・マーケットが組んで、(有機野菜などの)オーガニック商品をオンラインで販売する市場を米国で作るのは、われわれにとって脅威という話だけではなく、ポジティブな面もある」。有機野菜宅配を手掛けるオイシックスの高島宏平社長は市場拡大を歓迎した。

オイシックスは6月20日、東京都品川区で定時株主総会を開いた。昨年12月、オイシックスは同業である大地を守る会(以下、大地)との経営統合を発表。今回の総会では両社の合併契約の承認や、社名変更など伴う定款の一部変更、取締役8人の選任が議案として上程された。

株主総会の冒頭で高島社長は「オイシックスの注文窓口がネットなのに対し、大地はカタログが中心のため、両社のお客様の重なりは少ない。それぞれのブランドを存続させながら、物流やコールセンター機能などを共通化した方がいいと判断した」と述べ、統合に至った経緯を説明した。

ローソンとの協業も7月に始動

また、もともと大地の筆頭株主だったローソンが、統合に向けた2月の株式交換でオイシックスの第2位株主となったことを受け、ローソンとさまざまな分野で協業していく方針も示した。

具体的には「キットオイシックス」という1食分の主菜と副菜が簡単に作れるオイシックスの看板商品を、ローソンが運営する個人向け通販「ローソンフレッシュ」で7月から取り扱う。さらに、ナチュラルローソンでの店頭販売も検討しているという。

こうした説明の後、監査報告や事業報告、議案の説明を経て、株主からの質問を受け付けた。序盤で質問に立った株主が問うたのは大地との統合やローソンとの協業ではなく、6月16日に発表されたアマゾンによるホールフーズの買収についてだった。

次ページアマゾンに対する株主の不安とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。