納得!「料理キット」が売れ続ける根本理由

別に手抜きがしたいワケじゃない

ネット食品通販Oisixの料理キット。中には有名料理家が監修したメニューも(撮影:今井康一)

農薬や化学肥料をなるべく使わず育てた野菜、食品添加物を極力抑えたソーセージや豆腐……。「オイシックス」や「らでぃっしゅぼーや」など、安心・安全が売りの食品通販を利用するのは、料理が上手で手間を惜しまない人だと考えるかもしれない。しかし今、必ずしもそうとは限らない人たちが、こうした通販を積極的に使うようになっている。

こうした新たな利用者層の目当ては、下ごしらえ済みの食材と合わせ調味料をセットした料理キット。たとえば、ミネストローネスープであれば、カットした野菜とベーコン、調味料、そしてレシピが一体になっており、利用者がレシピに従って料理をするだけで「きちんとしたご飯」を作ることができる。調理時間はメニューによってまちまちだが、短いものなら10分程度。長くても20分程度で作れるお手軽さがウリだ。

東日本大震災後、抵抗感が薄れた

料理キット人気は、各食品通販の業績成長を支えるほどになっている。2013年7月に「Kit Oisix」の販売を開始したオイシックスでは、毎週買う会員数が2016年12月末時点で4.7万人と、前年同時期から約2万人も増加。定期購入会員数も前期末の約10.7万人から約13万人と大きく伸びた。生活協同組合のパルシステムも、2014年4月から「パルシステムお料理セット」を販売。福島県から静岡県まで10都県約70万人の会員のうち、7万点も利用があった週もあるほどの盛況ぶりだ。

一方、らでぃっしゅぼーやで2014年6月から販売する料理キットは今年2月時点で約18万食も売れた。「主力のカット野菜が微減になっている中、加工食品群とキットは同じぐらい伸びている」(開発担当の東海林園子氏)。理由として「従来、レトルト食品などはおいしくないイメージがあったが、東日本大震災をきっかけに備蓄用に買って味がよいと知り、抵抗感がなくなったのでは」と話す。同社は今後、「時短」「健康」「プチ贅沢」の要素を拡充したいとしている。

加工食品や中食の市場が拡大し、「主婦が料理しなくなった」と言われて久しいが、実はこの新しい動向によって家庭料理の「外注化」がさらに進むとはかぎらない。その話をする前に、まずは各社の製品を比べてみたい。

オイシックスの「kit Oisix」のセットは、管理栄養士監修の「デイリー」、幼い子どもがいる世帯向けの「キッズ」、有名シェフ・料理研究家監修の「シェフ」、カット済み野菜を使った「クイック10」の4種類、20種類あり、ほかに単品で約15種類を週替わりで販売する。

次ページそれぞれの料理キットの内容は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT