納得!「料理キット」が売れ続ける根本理由

別に手抜きがしたいワケじゃない

「ジューシーそぼろと野菜のビビンバ」の中身。(撮影:今井康一)

人気商品「ジューシーそぼろと野菜のビビンバ」・「小ネギとのり、豆腐の韓国風スープ」のセットは2人前で1274円。ビビンバ用食材は千切りにんじんやえのき、下味を付けた合いびき肉、温泉卵、化学調味料無添加のナムルだれなどが入っている。ご飯は利用者が用意。韓国風スープは、絹ごし豆腐と小ねぎなど具材が入っていて、中華だしやごま油は利用者が用意する。

「自分で作ったものと変わらない」という感覚

同封されたレシピの裏面には、自分で作る場合の温泉卵、ナムルだれなどのレシピも掲載。食べたことはあるが作り方を知らない料理について、作り方と、必要な食材がわかるようになっている。私も作ってみたが、自分でやる作業がそれなりにある一方、レシピが詳しいので、通信教育による料理教室に入ったみたいだった。調理に要した時間は20分。

商品開発を担当する菅美沙季氏は、「小松菜をカットする、炒めるといった作業をさせることで、自分が作ったものと変わらない、と感じてもらうことが大事」と説明する。加工食品を使うと、罪悪感を覚える人が多いからだという。

らでぃっしゅぼーやの「私が仕上げる10分キット」。1番人気は「彩り5種野菜の黒酢酢豚」(撮影:今井康一)

らでぃっしゅぼーやの商品は対照的だ。最優先させたのは調理工程の短縮で、商品名はズバリ、「私が仕上げる10分キット」。中には下処理済み野菜などの食材と合わせ調味料、レシピが入っている。定番料理と、DINKSや年配層をターゲットにした「PRIME」シリーズが主菜のみで、今年3月から、主菜以外の材料をそろえる「彩菜セット一汁二菜」が登場。10アイテムあるキットは、主に会員に毎週配布するカタログで販売する。

「彩り5種野菜の黒酢酢豚」の調理後(写真提供:らでぃっしゅぼーや)

1番人気の「彩り5種野菜の黒酢酢豚」は2人前で993円。同じ大きさにカットしたタマネギ、ピーマン、下ゆで済みニンジンなど野菜が一緒に入ったパック、カットし調味した豚もも肉のパックが、レシピと同梱されている。フライパンに油を敷き野菜を投入して炒め、豚肉を加えて仕上げる。調理に要した時間は10分弱だった。

包丁を使わず、ボウルなどの洗い物も出ないため、料理は楽。レシピは、文章とイラストの簡単なものだが、アレンジを前提に調味料が多めに入っていて、「ボリュームアップ食材」として長ネギ、レンコン、キノコ類を紹介している。料理は得意だが時間がない人向けという印象だ。

次ページキットによって利用者が異なる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT