「育休なんて無理」という男性に伝えたい真実

中長期的な「夫婦円満の秘訣」がそこにある?

この連載の一覧はこちら
家事や育児、介護などの分担をめぐって、家族間で言い争いが増えて、いつのまにか一緒にいて心地よい存在だったはずの家族が「つかれる存在」になってしまった……そんな話を聞くことがよくあります。
どうして自分の不満が家族に伝わらないの? どうしたら「つかれない家族」になれるの? もしかしたら家族への「伝え方」を変えることで、状況は変わるのでは……?
そんなふうに「つかれる家族」と「つかれない家族」を考察するこの連載。今回は、夫婦共働きで時短アイテムもうまく使いつつ子育てしている、てらいさんご夫婦の話のつづきです(前回記事はこちら)。育休も取得した夫のYさんに、その感想などについて伺いました。

夫(妻)の育児スキルの低さにつかれる、または妻(夫)から育児についてダメ出しされることにつかれる、そんな状況になっている家庭もあるのではないでしょうか。いったい何が原因でそうなってしまったのでしょう? Yさんの話にはそのヒントがありました。

育児協力態勢バッチリのてらい家

次ページ育児のスタート時期がほぼ一緒だった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
睡眠研究で世界を牽引<br>ひと烈風録 柳沢正史

ヒトはなぜ眠るのか。永遠の謎とされる睡眠の基礎科学の分野で、世界のトップを走るのが柳沢正史筑波大学教授だ。睡眠物質や眠気遺伝子の発見、重要なタンパク質同定などの実績を上げ、睡眠の謎解明まであと一歩に迫る研究熱中人生をなぞる。