「WHOを信用できない人」が抱く違和感の正体

「中国寄り発言」からも伺える彼らの胡散臭さ

WHOをこれからも信用していいのか? そして事務局長テドロス・アダノムはなぜ「中国寄り」の発言を続けるのか?(getty/Bloomberg)

王朝の隆盛と衰退、株式相場などで、過去と現在の状況が相似形を描くことがある。そして、筆者が2015年に世界で1万人を超える死者を記録したエボラ出血熱の流行とその経緯について調べると、新型コロナウイルス感染症の流行の経緯と驚くほど酷似していた。

なぜ「新興感染症」は生まれるのか

「新興感染症」(エマージング感染症)という言葉をご存じだろうか。天然痘やインフルエンザなど、古来から人類とともにあった感染症と異なり、文字通り“新興勢力”として現れ、パンデミックを起こす感染症を指す。症状はわからず、当然、治療法も確立されていない。エボラ出血熱も、新型コロナウイルス感染症も、この「新興感染症」だ。

ではなぜ、この「新興感染症」が生まれるのか。

人間を含む動物の体内では、ウイルスが突然変異し続けている。少し遠回りな説明を許してほしい。例えば現在我々が食べているコメも肉も、変異によって生まれたものが多い。元々熱帯の植物であるコメを北海道でも栽培できるのは、さまざまなコメを掛け合わせ、寒冷な気候に適したコメに変異した個体を「新品種」として選び抜いたからだ。

簡単に言えば、人間が親子で顔が異なるように、ウイルスや細菌も少しずつ変異していく。そして、豚やコウモリやニワトリが感染していたウイルスが突然変異し、人間に襲いかかってくるのだ。

実際にエボラ出血熱も新型コロナウイルスも「コウモリ→ヒト」感染だと考えられている。エボラの場合、2013年12月6日に2歳の男児が死亡、この子供が流行のゼロ号患者と見られており「近くの子供たちがコウモリを捕らえて焼いて食べていた」という報告がある。

そして、この事実ははっきりした教訓を示している。「人類が新型コロナウイルス感染症を克服しても事態は終わりではない」ということ。我々は間違いなく「今後も新興感染症に悩まされ続ける」はずなのだ。

次ページ過去よりも「現在の感染症」のほうが恐ろしい理由
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。