プレゼンに効く「とことん伝わる話し方」7秘訣

「ウェブ・テレビ会議」にも効果絶大、コツは?

プレゼンにも効果がある「朗読」を続けることで、「相手に伝わる話し方」を身につけることができます(写真:mits/PIXTA)
みなさん、こんにちは! アナウンサーの魚住りえです。このたび、東洋経済新報社より『話し方が上手くなる!声まで良くなる!1日1分朗読』を出版いたしました。
前著『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』は本当に多くの方に手に取っていただき、おかげさまで累計25万部のベストセラーとなりました。みなさまに深くお礼を申し上げます。
第3弾となる今回は、「朗読」のすばらしさとそのテクニックについて書きました。「1日1分朗読」することで、「語彙が増えたり」「言葉がスラスラ出たり」「いい声で話せたり」と、「話し方も声も」一気によくなります。
本記事では、プレゼンに効く「伝わる話し方」の7秘訣について解説します。

「プレゼン」にも効果がある「朗読」のすばらしさ

私の職業はアナウンサーですが、「テレビやラジオ番組のナレーション」「スピーチレッスンの講師」「番組のパーソナリティー」など、さまざまな仕事をしています。

『話し方が上手くなる!声まで良くなる!1日1分朗読』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

そのため、毎日のボイストレーニングが欠かせません。特に毎日の日課として欠かさず行っているトレーニングが「朗読」です。なぜなら「朗読」をすることで多大な効果があるからです。

「朗読」には「語彙が増える」「表情が豊かになる」「笑顔に磨きがかかる」「コミュニケーション力が上がる」など、さまざまなメリットがありますが、ビジネスパーソンのみなさんのお仕事にも大きなメリットがあります。それは「プレゼン」に絶大な効果があることです。

「一生懸命プレゼンをやっても相手にうまく伝えられない」と、プレゼンを苦手に思っている人も多いと思います。しかし、「朗読」を続けることで「相手に伝わる話し方」を身につけることができ、苦手なプレゼンも克服することができるのです。

また、最近増えている「ウェブ会議」「テレビ会議」で説明する場合は、身振り手振りや阿吽の呼吸では、上手くごまかせません。画面の向こうの相手に「伝わる声と話し方」をすることが、いつも以上に重要になります。

では、どのようにすれば、プレゼンに効く「伝わる話し方」ができるようになるのでしょうか? 今回は「プレゼンに効く『伝わる話し方』7つの秘訣」を紹介します。

次ページ「腹式呼吸」で声が出しやすくなる!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT