嫌われる人の「初対面の質問」、5大NGは?

「子ども」「住まい」…失礼な人、多すぎです

「なに、この人、初対面で失礼だな……」と思われているかもしれません(写真 : xiangtao / PIXTA)
みなさん、こんにちは! アナウンサーの魚住りえです。
このたび、東洋経済新報社より『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』を出版いたしました。
前著『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』は本当に多くの方に手に取っていただき、おかげさまで15万部を超えるベストセラーとなりました。みなさまに深くお礼を申し上げます。
第2弾となる今回は、コミュニケーションをとるうえで、「話し方」以上に大切な「聞き方」について書きました。早速、5万部を超えるヒットとなり、多くのみなさまに読んでいただけていることを、心からうれしく思います。
本記事では「初対面で失敗しがちな質問」よくある5つのNGを紹介します。

知らないうちに「失礼な質問」をしていませんか?

『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』は、早くも5万部のベストセラーになっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

初対面の人と話すときは、「どんな話を切り出せばいいか」と悩んでしまうことってよくありますよね。

「何か話さなくては」とあれこれ考えて話した結果、「墓穴」を掘ってしまい、知らないうちに「相手のイヤなこと」や「触れてもらいたくないこと」をつい質問してしまった、という失敗談も少なくないと思います。

たとえば、女性に対して「何歳ですか?」と直接質問する人は少なくても、「年齢がわかるような遠回しな質問」をして、「探りを入れているな」と相手に勘づかれて不愉快に思われるケースは意外に多いものです。

「初対面で聞いていいこと、よくないこと」の両方があります。そこを間違えて「地雷」を踏んでしまうと、「なに、この人、初対面で失礼だな……」と嫌われる原因になりかねません。

では、嫌われる人がやりがちな「初対面でのNG質問」とは何なのか。ここでは、主な5つのNGを紹介します。

次ページ「ほめたつもりなのに…」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT