「エレベーターの沈黙」、気まずさ減らす7極意

「時事ネタ、雑談、褒め言葉」…今から使えます

たかがエレベーター、されどエレベーター(写真:saki / PIXTA)
みなさん、こんにちは! アナウンサーの魚住りえです。
このたび、東洋経済新報社より『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』を出版いたしました。
前著『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』は本当に多くの方に手に取っていただき、おかげさまで15万部を超えるベストセラーとなりました。みなさまに深くお礼を申し上げます。
第2弾となる今回は、コミュニケーションをとるうえで、「話し方」以上に大切な「聞き方」について書きました。早速、5万部を超えるヒットとなり、多くのみなさまに読んでいただけていることを、心からうれしく思います。
本記事では「エレベーターの沈黙を乗り切る方法」7つのコツを紹介します。

「沈黙」から出てしまった余計な一言

『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』は、早くも5万部のベストセラーになっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

エレベーターで2人っきりになってしまったときの「沈黙」。ほんのわずかな時間なのに「とても長く感じる」ことってありますよね。

知っている人だったら、こんなときは「何か話したほうがいいのかな」「黙っていると悪い印象を持たれちゃうかな」と、なんとか沈黙を避けようと考えてしまいがち。

そして、無理に話そうとして、「余計な一言」を言ってしまい、気まずい雰囲気に……という失敗談も少なくないと思います。

「お疲れさまです」「今日はいい天気ですね」といった一言も、決して悪くありませんが、場合によっては「感情がこもっていない言葉」に聞こえて「マイナスのイメージ」をもたれてしまうこともあります。

では、この「エレベーターの沈黙の時間」をどう過ごせばうまく乗り切れるのか。ここでは、「うまく乗り切る7つのコツ」を紹介します。

次ページ「天気の話」をするコツは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。