「エレベーターの沈黙」、気まずさ減らす7極意

「時事ネタ、雑談、褒め言葉」…今から使えます

最後のコツは、最近、多く見られがちですが「スマホをチェックする」です。

「スマホチェック」はマナーを守って

【7】スマホをチェックする

「沈黙」を乗り切る方法も見つからず、かといって「沈黙」に焦ってしまいそうなときは、スマホを出してチェックするのも一案です。

仕事相手と一緒でも、「メールチェック」をするふりをすれば、悪印象はもたれないと思います。

ただし、時々いるのは、エレベーターに乗る前からスマホを見ていて、「ながらスマホ」のままエレベーターに乗り込む人です。

当然のマナーですが、「ながらスマホ」は避けましょう。エレベーターが動き始めたら、さっと取り出して、チラッと見る、そして目的の階に着いたらカバンにしまう、というのがスマートな使い方だと思います。

【「エレベーターの沈黙」うまく乗り切る7つのコツ】
・「時事ネタ」を仕込んでおく
・「相手をねぎらう言葉」を言う
・相手の「持ち物や服装」を褒める
・「共通の知人」や「相手の近況」の話をする
・「当たり障りのない質問」をする
・「沈黙」に焦らない
・スマホをチェックする

以上、「エレベーターの沈黙を乗り切るコツ」を挙げてみました。

「エレベーターの沈黙」をどう乗り切るか――。これは、相手も同じくらい考えている可能性も高いはず。ですので、「沈黙を気にしすぎない」というのが、失敗しないための大事なコツともいえます。

この連載の一覧はこちら

それに、ほんのわずかな時間ですが、「大切なコミュニケーションの場」でもあります。海外では「エレベーターピッチ」といって、エレベーター内のわずかな時間にプレゼンをして、ビジネスチャンスにつなげる方法もあります。

たかがエレベーター、されどエレベーター――。「沈黙」を乗り切る「引き出し」をたくさん用意しておけば、日頃の会話も上達し、みなさんの「好感度」もグンと上がるはずですよ!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。