嫌われる人の「ウザい自慢」、よくある7大NG

「グチに見せかけ」「SNS連発…」正直、迷惑です

「嫌われる人のウザい自慢」とは?(写真 : マハロ / PIXTA)
みなさん、こんにちは! アナウンサーの魚住りえです。
このたび、東洋経済新報社より『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』を出版いたしました。
前著『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』は本当に多くの方に手に取っていただき、おかげさまで15万部を超えるベストセラーとなりました。みなさまに深くお礼を申し上げます。
第2弾となる今回は、コミュニケーションをとるうえで、「話し方」以上に大切な「聞き方」について書きました。早速、5万部を超えるヒットとなり、多くのみなさまに読んでいただけていることを、心からうれしく思います。
本記事では「嫌われる人のウザい自慢」よくある7つのNGを紹介します。

「自慢話」はどんな形でも嫌がられている

『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』は、早くも5万部のベストセラーになっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

自慢話は、言うほうは気分がよくても、聞くほうは決していい気持ちにはなりませんよね。

子どものころは平気でガンガン言えたけれど、さすがに大人になると「俺は仕事ができて人望があって、女性にモテる」などというストレートな自慢をする人は少なくなります。

その代わりに、別のことを言っているように見えて、実は自慢だったという「隠れ自慢」や、愚痴をこぼしているようで、結局は自慢という「愚痴を偽装する自慢」、はたまた過去の話やSNSの自慢など、「ちょっと手の込んだ」自慢も増えてきているような気がします。

でも、結局は「自慢」です。どんな形でも嫌がられることに変わりはありません。

では、嫌われる人の「ウザい自慢」はどんなものでしょうか。パターン別に紹介しましょう。

次ページ「その愚痴、どうせ自慢でしょ?」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
金利・為替・企業業績を検証<br>暗転する世界経済

8月の金融市場は波乱の展開となった。市場の不安心理を増幅する、貿易の不均衡をめぐる米中対立は激化の一途だ。懸案はそれだけではない。日本や欧州も含め、金利、為替、株、金価格、日本の企業業績など、影響を幅広く検証する。