「エレベーターの沈黙」、気まずさ減らす7極意

「時事ネタ、雑談、褒め言葉」…今から使えます

まずは、ニュースなどを事前にチェックして「時事ネタ」を仕込んでおくことです。

天気の話は「今までの話」より「今後の情報」

【1】「時事ネタ」を仕込んでおく

「昨日のサッカーの試合、日本が勝ってよかったですよね」
「今日は夕方から雨が降るみたいですね」

当日のニュースや世間で大きく話題になっているような「時事ネタ」をつねにチェックしておくと便利ですよね。

天気の話題は「今日はいい天気ですね」と今までの情報を話題にするよりも、「夕方から雨が降るらしいですよ」「今晩は熱帯夜らしいですよ」と、これからの情報を話題にするほうが、「とってつけたような感じ」がなくて好印象だと思います。

【2】「相手をねぎらう言葉」を言う

「今日は暑い中ご足労いただき、本当にありがとうございます」
「たくさんの資料をご持参いただいて、とても助かります」

単なるあいさつだけでもいいのですが、「相手をねぎらう言葉」が一言あると、相手も気持ちよくなってくれてその場も和みますよね。

ただし、ねぎらう言葉が大げさすぎると、かえって嫌味に感じてしまいます。

ねぎらう言葉を言うときは、「あいさつのあとにちょっと添える」ようなイメージの一言で大丈夫だと思います。

【3】相手の「持ち物や服装」を褒める

「そのバッグ、とても持ちやすそうですね。書類が多いときも使いやすそうに見えます」
「かっこいいネクタイですね。スーツともピッタリ合っていますよね」

「持ち物や服装を褒める」と言っても、「どこのブランドですか?」などの具体的な質問は、かえってイヤな思いをさせてしまいかねないのでNGです。

「使いやすそうなバッグですね」「そのネクタイ、オシャレですね」など、その物のよさを褒めるような言葉をかけると、相手も気持ちよくなって言葉を返してくれるはずです。

次ページ「余計な一言」で失敗しないコツは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。