プレゼンに効く「とことん伝わる話し方」7秘訣

「ウェブ・テレビ会議」にも効果絶大、コツは?

【6】「強調したい」ところは「ゆっくり」読む

「強調したい言葉」があるとき、「大きい声で話す」「高い声で話す」など、さまざまな方法がありますよね。「朗読」でも多くの方法がありますが、その中の1つに、強調したい部分を「ゆっくり、はっきりと発音」するという方法があります。

このような話し方をすると、「念を押す」ような感じになるので、相手は「ここの部分が重要なのだな」と認識しやすくなります。これは大きい声でなくても、高い声でなくても大丈夫です。

「ゆっくり」の度合いは、「ややゆっくり」「かなりゆっくり」でも違いがあり、「かなりゆっくり」のほうが、強調度合いが高まります

どのぐらい強調したいかによって「ゆっくり度」に強弱をつけてみるのも、声に幅が広がっていいと思います。

【7】大事な言葉の前に、一瞬「ポーズ」を入れる

話の中で、ほんの一瞬でも沈黙があると「あれ、何かな?」と思うこと、ありますよね。「朗読」ではこの「一瞬の沈黙」を効果的に使っています

「朗読」では「ポーズをとる(間を置く)」というテクニックなのですが、「強調したい部分」の直前にこのポーズをとることで「何が起こったのかな?」と注意を引かれます。それが次の言葉や文章への期待感となります。

このポーズも、どのぐらい時間をとるかによって強調の度合いが変わってきます。例えば、「短く一呼吸とる」より「2~3秒とる」ほうが強調の度合いは強くなります。

最大級の注意を引きたい場面では、思いきってしっかりポーズをとってみましょう。最初は勇気がいると思いますが、実際にやってみると、かなりの手応えが感じられるはずです。

ウェブ会議こそ「伝わる話し方」が重要

冒頭でも述べたように、ウェブ会議では、身振り手振りや阿吽の呼吸ではごまかせない分、相手にきちんと伝えるには、「声と話し方」がより重要になります。そして、本記事で解説したように、ちょっとしたコツで「伝わり方」はぐんと変わってきます。

本に収録した朗読見本18作品は、魚住りえ氏自身が朗読した「お手本」を聴くこともできる(画像:サウンド・シティ)

日常会話の中で少し意識を変えて試してみるだけで、その効果は十分に感じることができます。日常会話からでも「話し方がうまくなり、声までよくなる」ことはできるのです。

「話し方がうまくなる」と、話すことがとても楽しいと思えるようになります。声までよくなって「自分の表現力」にも幅が出てきます。苦手だったプレゼンやウェブ会議、テレビ会議を、自分をアピールする「武器」にすることもできます。

ちょっとしたコツで「伝わり方」はぐんと変わります。ぜひ「1日1分朗読のトレーニング」を続けて、「伝わる話し方」をマスターしてくださいね。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。