入学直前!新中1がやるべき先取り英語のツボ

最初から英語の「本質」を学ぶことが重要だ

英語の「本当の基礎」は、中学校だけでなく後々も活きる英語力につながります(写真:ナオ/PIXTA)
小学校6年生の春休み。4月からは中学生というお子さんのいるご家庭にとって、中学校での勉強が気がかりではないでしょうか。
中学校での学習はスタートダッシュが重要です。リクルートの運営するオンライン予備校「スタディサプリ」の講師であり、『CD付 中学英語のさきどりが7日間でできる本』の監修者でもある関正生先生に、これから英語を本格的に学ぶ新中学1年生向けの英語の学習法を聞きました。

 

新型コロナウイルスの感染拡大で、3月頭に始まった臨時休校。私が出講している、リクルートのスタディサプリでも、臨時休校となっている学校を対象に、講義動画の無料提供をしています。スタディサプリのみならず、さまざまな教育サービスの無料提供が行われていると聞きます。

生徒には、休校でできた時間を有効に活用してほしいと思っておりますが、異常事態となっているこの季節は、4月から中学校に入学する新中1生にとって、英語学習で重要な時期の1つです。

この春休みに、英語の本質に触れる「本当の基礎」を知ることができれば、中学校だけではなく後々まで活きる英語力につながるでしょう。この「本当の基礎」について解説します。

「基礎」とは「簡単なこと」ではない!

書店には「中学英語の入門書」だけでもたくさんの本が並んでいます。それぞれの本に各自の特長があるでしょうが、私が普段教えている方法と他の本とでは、決定的に違うところが1つあります。

それは基礎に対する考え方です。多くの本では、「基礎」とは「最初に習うこと・簡単なこと」と捉え「やさしく説明する」というスタンスとなっています。

次ページただの先取り英語になってはいけない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT