入学直前!新中1がやるべき先取り英語のツボ

最初から英語の「本質」を学ぶことが重要だ

英語の「本当の基礎」は、中学校だけでなく後々も活きる英語力につながります(写真:ナオ/PIXTA)
小学校6年生の春休み。4月からは中学生というお子さんのいるご家庭にとって、中学校での勉強が気がかりではないでしょうか。
中学校での学習はスタートダッシュが重要です。リクルートの運営するオンライン予備校「スタディサプリ」の講師であり、『CD付 中学英語のさきどりが7日間でできる本』の監修者でもある関正生先生に、これから英語を本格的に学ぶ新中学1年生向けの英語の学習法を聞きました。

 

新型コロナウイルスの感染拡大で、3月頭に始まった臨時休校。私が出講している、リクルートのスタディサプリでも、臨時休校となっている学校を対象に、講義動画の無料提供をしています。スタディサプリのみならず、さまざまな教育サービスの無料提供が行われていると聞きます。

生徒には、休校でできた時間を有効に活用してほしいと思っておりますが、異常事態となっているこの季節は、4月から中学校に入学する新中1生にとって、英語学習で重要な時期の1つです。

この春休みに、英語の本質に触れる「本当の基礎」を知ることができれば、中学校だけではなく後々まで活きる英語力につながるでしょう。この「本当の基礎」について解説します。

「基礎」とは「簡単なこと」ではない!

書店には「中学英語の入門書」だけでもたくさんの本が並んでいます。それぞれの本に各自の特長があるでしょうが、私が普段教えている方法と他の本とでは、決定的に違うところが1つあります。

それは基礎に対する考え方です。多くの本では、「基礎」とは「最初に習うこと・簡単なこと」と捉え「やさしく説明する」というスタンスとなっています。

次ページただの先取り英語になってはいけない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT