「グーグル翻訳」で世界と仕事する84歳の英語術

ノリは「大阪人」くらいでちょうどいい

世界最高齢プログラマー、若宮正子さんの視点とは?(写真提供:中央公論新社)
英語がどうしても苦手、だから英語絡みの仕事など一生無理、という人。そんな人に重要な視点を教えてくれるのが、84歳の現役プログラマーとして知られる若宮正子さんだ。
若宮さんは81歳のときにスマートフォン向けゲームアプリ「hinadan」を開発。アメリカ・アップル本社の世界開発者会議に招待され、ティム・クックCEOに絶賛されたことで一躍脚光を浴びた。さぞ英語が得意なのかと思いきや、実は今でも英語は大の苦手という。苦手といいながら、なぜこれだけの活躍ができているのでしょうか。
(本記事は若宮さんの著書『独学のススメ』から一部を抜粋し、加筆修正したものです)

Nobodyは、「あかんで」

英語は、学生の頃から学んでいることの1つです。出会いがよかったのかもしれません。英語を初めて習ったのは、中学1年のとき。学校の英語の先生が教えてくださったのが最初です。

私が通っていたのは、兵庫県の田舎の中学校。英語のネイティブスピーカー、英語という言語の根底にある「考え方」を教えてくださったのです。

例えば、住所。日本語で住所を書くときは、◯◯県◯◯市◯◯町◯丁目◯番地、そして氏名という順番です。でも、先生は「アメリカやったら、まず氏名を書く。それから、◯丁目◯番地、◯町、〇市、◯県、最後に国名や。個人名が一番上にどんときて、しかも名字やなくて、ファーストネームが先にくる。とにかく個人が基本になっているのが、西洋人のものの考え方なんや」とおっしゃいました。これは確かに、日本とは全然違います。

次ページ英語は主語から始めないと、文章が成り立たない
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。