「グーグル翻訳」で世界と仕事する84歳の英語術

ノリは「大阪人」くらいでちょうどいい

世界最高齢プログラマー、若宮正子さんの視点とは?(写真提供:中央公論新社)
英語がどうしても苦手、だから英語絡みの仕事など一生無理、という人。そんな人に重要な視点を教えてくれるのが、84歳の現役プログラマーとして知られる若宮正子さんだ。
若宮さんは81歳のときにスマートフォン向けゲームアプリ「hinadan」を開発。アメリカ・アップル本社の世界開発者会議に招待され、ティム・クックCEOに絶賛されたことで一躍脚光を浴びた。さぞ英語が得意なのかと思いきや、実は今でも英語は大の苦手という。苦手といいながら、なぜこれだけの活躍ができているのでしょうか。
(本記事は若宮さんの著書『独学のススメ』から一部を抜粋し、加筆修正したものです)

Nobodyは、「あかんで」

英語は、学生の頃から学んでいることの1つです。出会いがよかったのかもしれません。英語を初めて習ったのは、中学1年のとき。学校の英語の先生が教えてくださったのが最初です。

私が通っていたのは、兵庫県の田舎の中学校。英語のネイティブスピーカー、英語という言語の根底にある「考え方」を教えてくださったのです。

例えば、住所。日本語で住所を書くときは、◯◯県◯◯市◯◯町◯丁目◯番地、そして氏名という順番です。でも、先生は「アメリカやったら、まず氏名を書く。それから、◯丁目◯番地、◯町、〇市、◯県、最後に国名や。個人名が一番上にどんときて、しかも名字やなくて、ファーストネームが先にくる。とにかく個人が基本になっているのが、西洋人のものの考え方なんや」とおっしゃいました。これは確かに、日本とは全然違います。

次ページ英語は主語から始めないと、文章が成り立たない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT