「グーグル翻訳」で世界と仕事する84歳の英語術

ノリは「大阪人」くらいでちょうどいい

とにかく、人工知能は絶えず学習しています。しかも、ものすごい勢いで。とてもじゃないけれど、人間はかないっこないです。人工知能君が得意なことは、人工知能君に頼みましょう。

「英語で対応なんかできない!」とチャンスをふいにするくらいなら、つたない翻訳であったとしても、やってみるほうが何倍も有益です。

亀の甲より年の功。想像力で乗り越えちゃえ

ちゃんとした単語、文法が使えなくたって、海外旅行は何とかなります。初めてフランスに行ったとき、パリのホテルでなかなか朝食がこないということがありました。当時のホテルは、食堂ではなくルームサービスが主流だったんです。

私はとりあえずフロントに「アロー」と電話をかけました。朝ご飯はフランス語で「Petit déjeuner」ということは知っていたので、電話口の相手に「私のPetit déjeunerがnot yet comeなのよっ!」と訴えたのです。もう、日本語、フランス語、英語がごちゃまぜです。それでも、5分後には朝食がきました。ちゃんと通じたんですね。

ホテルのレセプションの立場になってみれば、朝、宿泊客から電話があって、「Petit déjeunerがどうのこうの」といっていれば、それはルームサービスの朝食がこないという訴えにほぼ間違いない。これは、語学というより想像力の問題ですね。

単語が聞き取れれば、「このシチュエーションで、この人が、◯◯という単語を使っているということは、きっと◯◯だということを言っているに違いない」と推測することができます。

例えば空港で、自分の乗る飛行機の便名と、「1hour」という単語が聞こえたとする。それはたいてい「出発が1時間遅れる」というお知らせでしょう。だって、出発が1時間早まるなんてことがありますか? 遅延は何度もあれど、1時間もの出発の繰り上げなんて私、体験したことがありません。

もし繰り上げならば、相当異例の事態なのでもっといろいろなアナウンスがあるはず。そう考えていくと、正解にたどり着くことができます。この想像力を鍛えると、海外旅行でも意外と何とかなるのです。

とにかく大事なことは、かっこつけないこと。海外に何度も行っていると、日本人は英語に対する独特のメンタリティーがあると感じます。なにしろ、そばに日本人がいるだけで、途端に英語がしゃべれなくなってしまうのだから。眼の前の相手よりも、まわりの日本人がどう思うかが気になってしまうのですね。

次ページ手段なんて選びません!?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
  • テレビのミカタ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT