就活生ドン引き「ひどい面接官の発言」の数々

女性差別、飲酒可否…不適切な発言なお横行

就職活動の面接現場には不適切な質問をする採用担当者もいる(写真:yongshan/PIXTA)

就活には長い準備期間がある。まず学生は、自分の歴史を振り返る。次に、産業を構成する業種を調べ、知っている企業(B to C)だけでなく、知らないB to B企業についても研究して視野を広げていく。そして企業に応募し、説明会や面接で社員や人事と話す。そして、その応答によって志望度を上げたり下げたりする。

『就職四季報』特設サイトはこちら

「好感度」が高ければ、その会社で働きたいと願う。しかし、期待を裏切られ、嫌悪感を抱くようになることも多々ある。人事のどのような言動が学生を幻滅させているのだろうか? HR総研が「楽天みん就」と共同で、2020年卒の就活生に対して行ったアンケート調査(2019年6月に実施)から面接官の言動を探ってみよう。

最も多いのは女性差別

「社員や人事に言ってほしくなかった言葉」で最も多いのは、女性差別的な発言だ。その企業の文化を反映しているのだろうが、平然と女性を差別する言葉が多い。学生のコメントを読むと、これが日本社会の実態なのかとうんざりする。

以下のような発言から配属や処遇でも女性差別があることがうかがえる。

「女性は~、男性は~、と性別で人の行動を判断するような発言」(文系・東京外国語大学)

「女性は男性に比べて~」(文系・静岡大学)

「性別でできる職種が限られていて、昔ながらの社風で性差別がある」(文系・北海学園大学)

「説明会で女子が自分一人だったときに紅一点と言われた」(文系・大阪大学)

次ページ励ましのつもりで性差別
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。