就活生ドン引き「ひどい面接官の発言」の数々

女性差別、飲酒可否…不適切な発言なお横行

面接官の意識に学生を傷つける意図はないのかもしれない。「大丈夫ですか?」「頑張ってくださいね」という励ましも入っているのかもしれない。しかし、下記の発言を女子学生は不快に受け止めている。

そういう励ましの意識も差別の一種なのだが、本人は気づいていない。根が深いと言えるから、学生に接する社員や面接官の事前教育が必要だと思う。なんの準備もなしに学生に接すると日頃の意識が言葉に出る。

「将来、『女性として』どういう活躍をしたいですか?という質問。女性であることは関係なくないか? と思った」(文系・早稲田大学)

「『笑顔は素敵だけど志望動機をもう少し固めたほうがいい』と言われた。同じことを男子学生には言わないと思う」(文系・東京外国語大学)

「『男の多い会社ですがやっていけますか?』という問いに対して、『性別関係なく頑張っていきたいです』と答えたら、『面接ではそう答えるしかありませんよね』と言われた」(文系・東京外国語大学)

余計な一言

余計な言葉で女子学生の意識を逆なでしている面接官もいる。本人の配属希望に対し、「親御さんが心配するんじゃないの?」は無意味な言葉。セクハラ経験を聞く面接官もいるようだが、聞くのは御法度。それこそセクハラだろう。産休育休の説明に「とくに女性は」も無駄な言葉。差別意識があると判断されても仕方がない。

「県外転勤ありのコースを希望した際、『女子なのに親御さんとか大丈夫なの?」と聞かれたこと』(文系・東北学院大学)

「セクハラ受けたことありますか」(理系・岐阜大学)

「産休育休について、『とくに女性は』という言葉はいらない」(理系・東京理科大学)

面接での質問事項は制限されている。応募者の適性や能力と無縁なことは避けなければならない。不適切なのは、本籍地や住所に関すること、家族(状況・職業・資産)に関すること、思想・信条に関すること(愛読書や尊敬する人物もNG)、そして男女差別やセクハラ発言だ。

ところが、無思慮に質問する面接官はとても多いようだ。まず家庭に対する質問から紹介しよう。

「父親母親など家庭のことを深く聞いてくる質問。こちらの回答に対してフォローできないなら聞かないでほしい」(文系・東北大学)

「自身の両親がどんな会社に勤めているか(具体的な会社名まで聞かれた)」(文系・國學院大学)

「親の職業、兄の職業、家族の構成など、選考に関係のないことを聞かれた」(文系・大阪教育大学)

家族構成、家族の職業や勤務地などに関する質問はすべてNGだ。

次ページ「彼氏の有無、結婚の予定」を聞く
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT