「コミュ力の達人」の働き方と伝え方の極意

世界基準のビジネスコミュニケーションとは

ビジネス最前線で活躍する2人が語る「ビジネスコミュニケーション」の極意とは(写真:nonpii/PIXTA)
世界3大投資家のジム・ロジャーズ氏や、INSEAD教授のチャン・キム氏、脳科学者の中野信子氏、竹中平蔵氏などからも支持を得るコミュ力の真髄を”グローバル・エリート”こと、ムーギー・キム氏が書き下ろした『世界トップエリートのコミュ力の基本 ビジネスコミュニケーション能力を劇的に高める33の絶対ルール』。
その著者であるムーギー氏が、Yahoo!アカデミア学長で、『やりたいことなんて、なくていい。』などの著書もある伊藤羊一氏と、ビジネスコミュニケーション能力を高めるポイントについて語る全2回の対談。後編は世界標準のコミュ力について、「ビジネスコミニュケーションスキル」のプロである両者が、徹底討論する。

上から目線ではなく対等目線が重要

ムーギー:伊藤さんは誰とのコミュニケーションでも、上下関係や肩書に関係なく、対等に接することを意識されているそうですね。伊藤さんが多くの人に支持される魅力の1つだと感じます。

伊藤:誰に対してもフラットに接したいということは、自分が大事にしている価値観ですね。それもあって、Yahoo!アカデミアの理念は、“Free, Flat, Fun” だと定義しています。つまり、どんな人でも対等に、自由に楽しく学ぼうということです

ムーギー:伊藤さんの最新刊『やりたいことなんて、なくていい。』を拝読していても、決して上から目線ではなく、どうしたら相手の学びになるか、役に立てるかということを、つねにマインドセットされているのがわかります。

伊藤:私は以前はまったく仕事ができなくて、コミュニケーションがうまくいかない時期もありました。そういう低調なときは誰からも評価されずに、叩かれました。

でも今は、チャンスに恵まれて、活動の場が広がっています。そうすると、評価されたり、もてはやされたりするようなって。それはありがたいことではあるんですけど、そういう周囲の変化に戸惑うことがあるんですよね。

ムーギー:いわゆる「手のひら返し」のようなものですね。

次ページ「損得勘定」抜きに相手の役に立つことを考える
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。