”凡人”のためのストレスマネジメント

ノマドや起業家を目指さない人へ

承認欲求の扱い方

それから私がもうひとつとても印象に残ったこととして、別の人から「人は人、自分は自分」というアドバイスを受けたことがありました。これも当時の私には今いち刺さらず、よくある話だと聞き流していました。

要するに承認欲求を捨てよということなのですが、人間、そんなに簡単に承認欲求を捨てられるわけではありません。誰でも褒められればうれしいし、けなされたくはないものです。ある意味、脊髄反射の一部で、承認欲求を失ったらその瞬間に成長は止まると思っていました。成長は今の自分に不満がなければいけないもの。モチベーションの原動力は承認欲求でもあります。承認欲求を失ったら他人に関心がなくなり、人間性まで失ってしまうのではないか。そんなことさえ思いました。

でもこれも自分の中でさんざん考え、ある言い換えで納得できるようになりました。要するに「コントロールできないものにコミットしてはいけない」ということです。自分の気持ちはコントロールできますが、他人の気持ちはコントロールできません。だとするとコントロールできない他人のさじ加減にやきもきするというのも、なんだか関心の方向が違う気がします。要は相手の決めることを、自分が決める義務も権利もないということです。答えのない問題を悩んでも仕方ないということです。これは真理です。

人間できることしかできません。できないことはできません。今できることをやるしかありません。そして精いっぱい努力した結果、そこから先、その内容を他人がどう思おうが、どう評価しようが、関係ありません。他人の意思決定にコミットはできないのですから、それは当然です。

このことは、承認欲求を失ったのでも成長に不感症になったのでもありません。承認欲求は自分の中に持つべきです。つまり自分自身の評価軸です。今日の自分が昨日の自分とどう違ったのかという、そこだけを問うていくべきだと思います。

単純だし地味ですが、なんだかそれがその地味さが、凡人(たる自分)のストレスマネジメントなのかもしれません。

※ 本文は筆者の個人的見解であり、所属する組織・団体を代表するものではありません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。