スクーは教育界のニコニコ動画になれるか?

人気急上昇!オンライン授業サービスの注目株

 スタートアップという言葉が日本でも定着し始めてきた。スタートアップのサービスは目新しいサービスに見えても、そのビジネスモデルは何種類かに分類することができる。本連載では、そのサービスの事業領域の成長性とあわせて、ビジネスモデルを紹介していく。
 今回から3回にわたり、2014年のスタートアップ業界の最注目分野ともいえる動画関連サービス特集をお届けする。初回は「世の中から卒業を失くす」をテーマに、主に社会人向けにオンラインで授業を提供するスクーの森健志郎社長に話を聞いた。
27歳とは思えない風格をたたえる、スクーの森健志郎社長

なぜ生放送にこだわるのか

スクーは2012年1月から始まったオンライン授業サービス。「経営・起業」「ビジネススキル」「テクノロジー・IT」などの分野を中心に、累計300人以上に上る各分野の著名人が講師を務めて1時間ほどの授業を展開する。

2014年2月現在、主に平日の19時30分と22時30分から生放送で授業が行われる。生放送は平均で1000人が視聴、多いときでは4000人が同時視聴するほどの人気だ。会員数6万人という数字を鑑みると、アクティブ率の高いサービスといえるだろう。

スクーでは「生放送視聴者数」と「2週間に1度以上ログインするユーザー数」を主要な経営指標に置いている。スクーでは生放送が8割型アーカイブされ、無料会員でも月に講義チケットが1枚付与され、好きなときに受講できる。月額525円の有料会員となって「学費」を納めれば、アーカイブ授業は好きなだけ受講することが可能だ。そんな中で「生放送」にこだわるのはなぜなのか。その理由を森社長はこう語る。

「今後はますます『リアルタイムウェブ』の時代が来ると感じています。スクーではコンテンツの質を3つに分解して考えています。ひとつが講義内容も含めた動画の質。ディレクターが選定した講師陣による一定以上の質を担保した講義です。動画の質を担保するために自社でスタジオも構えました。2つ目がユーザーと講師によるコミュニケーション、3つ目がユーザー同士のコミュニケーションです。2と3の付加価値は生放送のほうががぜん面白みがあります」

筆者がスクーで授業を行った際の様子

リアルタイムウェブとは生放送などの「ライブ感のある」インターネットサービスのことを指す。Twitterでサッカーワールドカップを楽しむのも、リアルタイムウェブといえるだろう。

次ページ3つのビジネスモデル
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT