新iPhoneが示す、アップルの恐るべき堅実さ

「3日間で900万台」の次にくる第2弾ロケット

 本連載は、GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)に関するトピックを毎週ひとつないし複数採り上げながら、米国シリコンバレーを中心とするIT事情を定点観測的にお伝えしていく。今回もアップル。9月20日に各国で発売された新型iPhoneは、初めの週末の3日間で900万台という驚異的な売り上げを記録した。しかしまだ「次」がある。
新型iPhoneは爆発的なセールスを記録している(写真:ロイター/アフロ)

「3日間で900万台」。米国時間9月23日にアップルが発表した数字には驚かされた。奇しくも同日は、かつてスマートフォンの代名詞とも呼ばれたスマホ時代の開拓者ブラックベリー(旧RIM)の身売りのニュースが出た日。米国のニュースでは、ブラックベリー時代の終焉とアップルの成功を印象づける報道を行われた。

9月20日に発売したiPhone 5sとiPhone 5c、2013年のアップルのスマートフォン2枚看板は、世界で900万台の売り上げを初めの週末に記録した。2012年に発売したiPhone 5は3日間で500万台であったことを考えると、その数字の大きさが際立つ。

iPhoneが9月10日に発表されてから、アナリストはさまざまな予測をしていた。ポジティブに見て600万〜800万台という数字が見られたが、iPhone 5s予約を受け付けなかったこと、例年発表していた予約開始後24時間の予約数を今年は発表しなかったことから、予約数は昨年の200万台を下回り、発売後3日間もiPhone 5の500万台を上回れないのではないか、とすらささやかれていた。

しかしふたを開けてみれば、ポジティブ、ネガティブ、両方の予想を裏切る目覚ましい数字が積み上がった。これまで新製品のリークが多数出され、発表会でもアップルがウワサを「追認する」かのようなシーンが多く見られてきたが、900万台というサプライズにはアップルにまんまとしてやられたようでもある。

次ページどの国で、何が売れたのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT