ドコモ参戦、新型iPhoneの皮算用

3社で料金横並び、独自サービスに活路?

9月20日、全国でアップルの新製品「iPhone5s」「iPhone5c」が発売となった。注目はもちろん、今回から初めて販売に乗り出したNTTドコモだ。

旗艦店のドコモショップ丸の内店では、加藤薰社長をはじめ、ドコモのキャラクターを務める渡辺謙さん、堀北真希さんが登場し、午前8時の販売に向けてカウントダウン(写真)。店舗には300人を超えるユーザーが詰め掛け、長蛇の列を作った。

沈着冷静なドコモ加藤社長も意気込む

加藤社長は今回、iPhone取り扱いを決めたことに対し、「ユーザーからドコモのネットワークでiPhoneを使いたいという声をたくさんいただいていた」などと説明。具体的な販売台数やシェア、契約数、業績に与える影響などについては語らなかったが、「長い間待っていただいたドコモユーザーの方は多い。後発なので他社と遜色ないように販売していきたい」と強調した。いつも冷静沈着なイメージのある加藤社長だが、今日ばかりは若干興奮しているように見えた。

加藤社長(中央)は多くのユーザーと握手。長い間待っていたという声を聞き、「思わず涙が出そうになりました」

新たに発売となったiPhone5sは、iPhone5から外観はほとんど変わらず、指紋認証機能などが加わったものの、特にサプライズがあったわけではない。それでも、発売を前に前述のドコモショップに加え、ソフトバンクショップ銀座では160人超、ビックカメラなどの家電量販店でも大勢の客が列をなした。中でも、アップルストア銀座は、行列が京橋駅付近まで続くほどの人気ぶりだった。

次ページ料金プランは横並び
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。