中国で急成長!「iPhoneもどき」の破壊力

世界のスマホ市場から取り残される日本

中国で急成長する小米のスマホ。デザインはiPhoneそっくりで、価格は本家より断然安い
この連載コラムでは、中国のみならず、台湾、香港、東南アジアを含む「グレーターチャイナ」(大中華圏)をテーマとする。私は20代から40代前半の現在まで、留学生や特派員として、香港、中国、シンガポール、台湾に長期滞在するチャンスに恵まれた。そうした経験の中で培った土地勘を生かし、「大中華圏」 での見聞を硬軟取り混ぜて皆さんにお伝えしていきたい。

「iPhoneもどき」との陰口

先週滞在した台湾で「小米(シャオミー)」と呼ばれるスマートフォンがバカ売れしていた。ショップで触らせてもらったところ、外見もインターフェースもiPhoneそっくりという印象だが、通信キャリアと契約をしていないSIMフリー機の価格がiPhoneの半分以下というのが売りだ。中国では先行メーカーのHTCや華為(HUAWEI)の出荷台数を抜き去って、アップルやサムスンに迫ろうかという勢いだ。台湾をはじめアジアにも進出を始めており、スマホ業界の台風の目になっている。

「小米」を開発する小米科技は日本ではまだそれほど知られていないが、中国で急成長を続ける新興勢力である。基本的にはアップルと同じく自社工場を持たず、OEM(委託製造)に特化。開発力とブランドイメージとデザインで勝負している。そのため社員数も1000人程度と非常に少ない。にもかかわらず、創業からわずか3年で企業価値は1兆円に達しているという。

この小米現象について、私が感じたのは2つのポイントだ。

アップル商法を完全に模倣し、さらにその上をいくような可能性を秘めた戦略を持つ企業が初めて出てきたということだ。そして、もうひとつ、基本的に彼らが競っているSIMフリー機の価格という問題が、いまだにSIMロックの世界にいる日本にとって別世界の出来事であることだ。このままでは日本の消費者は世界のスマホの最前線からますます取り残されていきかねない。

小米は「iPhoneもどき」と陰口をたたかれているが、実際に製造を委託されているのも、iPhoneを作っている台湾のOEMメーカーがばかりである。これらの会社は今、台湾のマーケットで株が急上昇している。iPhone5の新発売と、それにぶつけてきた小米の新製品の発売が重なって、大量の受注で製造が追いつかない「うれしい悲鳴」を上げている状態にあるためだ。

次ページ社長はジョブスそっくり
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。