40年前の「日本研究本」に中国人が群がるワケ

なぜ今になって「爆売れ」?仕掛け人を直撃

30年以上前に日本で刊行されたこの書籍が今、中国の書店で大々的に販売されています

『ジャパン・アズ・ナンバーワン』というタイトルの本、読んだことはなくても、聞き覚えがある方は少なくないだろう。米国の社会学者、エズラ・ボーゲル氏の著書で、1979年に日米でほぼ同時に刊行され、日本で一躍、大ベストセラーとなった。当時の日本社会は「高度成長の日本の成功が世界に認められた」と受け止め、一種の社会現象にもなった。

「ジャパン・アズ・ナンバーワン」という言葉は、その後の1980年代のバブル経済に突入した日本経済の最盛期を象徴するものになり、米国の日本バッシングにつながった部分があったとも言われる。

その『ジャパン・アズ・ナンバーワン』が、刊行から40年近くが経過した今年、中国で翻訳出版され、爆発的に売れ行きを伸しているというのだ。「チャイナ・アズ・ナンバーワン」なら分かるが、なぜ日本が?と、この本を見かけた中国の書店で一瞬、呆然とした。

仕掛けたのは、上海に拠点を置く中堅出版社

この連載の記事一覧はこちら

本書の米国と日本での出版は1979年。TBSブリタニカが版元だ。現在TBSブリタニカの業務を引き継ぐCCCメディアハウス(東京都目黒区)によると、日本での最終的な発行部数は70万部を超え、後に同じ著者が手掛けた「ジャパン アズ ナンバーワン再考」(初版1984年)も13万部売れている。現時点では、すでに両方とも絶版扱いになっており、再刊行の予定はないという。

当時、同書は中国でも翻訳出版されたが、研究者向けでほとんど市中には出回らなかった。今回、中国で新たに出版を手がけたのは、上海に拠点を置く中堅の出版社「上海訳文出版社」。海外の書籍などに強いところだ。今回の出版については、CCCメディアハウスに対して中国側から事前に特にコンタクトはなかったという。

筆者がこの本を書店で目撃したのは今年5月で、上海最大の書店「上海書城」のいちばん目立つ売り場で山積みになっていたのだ。

次ページ「日本には、いまも学ぶべきところがある」
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT