中国人が「次は北海道に行きたい」と言う理由

爆買い後の「ココロ」をつかむ発信力の高め方

北海道の広大な風景は外国人にとっても魅力的だ(写真:884/PIXTA)

訪日中国人観光客をめぐる話題はまだまだホットだ。FIT(個人旅行)とリピーターの重視、モノ消費からコト消費への転換、SNSの重要性……企業や社会の中国人観光客に関する知識は日進月歩で深まっている。政府は訪日外国人観光客数を2020年4000万人、2030年6000万人まで増加させるため、本格的にインバウンドに力を入れることを明らかにしているが、実現するためには中国人観光客の増加が不可欠である。

しかし、最近、その訪日中国人観光客の買い物額に低下傾向が見えてきた(下図)。理由として、元安・円高、コト消費の台頭、ブランド品離れ、銀聯カードの年間使用額の制限、関税政策の変更(税関検査が厳しくなり、税率も変更)、中国政治・経済への不安などが指摘されている。

「安価・安心・良品」だけでは限界

 

いずれももっともな理由に見えるが、根本的な理由は何だろうか。

訪日中国人に日本で爆買いする理由を聞くと、「安価・安心・良品」がいちばん多い。中国国内の同品質のものより安い、偽物がない、同じ商品でも日本で買った方が効果・品質が良いと思われている。多くの日本企業も、「日本製」「信頼・安心」「匠」「高コスパ」を強調した宣伝を行っている。しかし、これだけでは足りない。「安価・安心・良品」は最低限の条件であり、彼らの消費が減退している背景には、彼らの「ココロ」を十分つかめていないこともあるのではないだろうか。

次ページモノよりコンテンツ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。