テレビ業界は、首の皮一枚しかつながってない

過渡期に見えた、映像メディアの行く末

新世代リーダー予備軍とも言える10代の優秀な若者は、どんな未来を描いているのか。「スーパーIT中学生」「スーパーIT高校生」として早くから独自の道を切り拓いてきたデジタルクリエーターの灘高生が、未来予測を発信。ITや政治、経済、教育、ときにはアイドルや女の子ネタまで、感度の高い移り気なアンテナがキャッチするまま書き連ねる。
Tehuの言葉 「テレビ業界は、首の皮一枚しかつながっていない」

「オールナイトニホン」が視聴者数1位に

今回は、映像メディアの未来について論じます。 

先日、アップルによる新型iPhoneの発表会が、米カリフォルニア州クパチーノのアップル本社で行われました。ボクはアップルの新作発表会があるたびに、インターネットで「Tehuのオールナイトニホンという番組を配信し、発表会の内容を同時通訳しながら解説しています。

 
 ニッポン放送から怒られるラインぎりぎりの番組名からもわかる通り、深夜0時から4時までぶっ続けで、深夜ラジオのテンションで放送。スタッフは原則ナシで、企画、広報から出演、音声、映像まで、すべてボクひとりでやっています。「デジタル何でも屋」なので、とても安上がりですね。
 
ありがたいことに、先日の放送では視聴者数累計が6万人超、ユーストリームの競合番組が10以上ある中で、栄えある第1位となりました。中3の時に始めてから3年半、アップルファンのみなさまから強くご支持をいただける番組になりました。放送はこちらからご覧になれます。
 
次ページもっとも直接的に伝えられるメディアは何か
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT