だからニコニコの有料記事に10万人が集った

雑誌系出版社の眼前に広がる“不都合な真実”

「ニコニコ動画」「ニコニコ生放送」など、日本最大級のネット動画サイトを運営するドワンゴが、昨年8月に始めた「有料記事」サービスが急成長している。月額数百円を払ってコンテンツを購読する有料登録者数が、今年10月で10万人を突破。今も増加を続けている。

その名は「ブロマガ」。ブログマガジンの略で、いわゆるメールマガジン(メルマガ)に似た仕組みである。ブログやメルマガといったテキスト記事に、動画や生放送などを組み合わせて配信できるコンテンツだ。有名人や作家、ミュージシャン、ジャーナリスト、ブロガー、メディアなどの発信者が、それぞれチャンネルを開設し、コンテンツを配信している。ユーザーは自分の関心があるチャンネルに設定された料金を支払って、コンテンツを視聴する仕組みだ。10月末時点でチャンネル数は約290に上る。

チャンネルごとに料金は異なる。現在の有料登録者数上位20チャンネルの価格設定を見ると月額105~840円の範囲で、同525円のチャンネルが最も多い。仮に525円のチャンネルを10万人が購読し続けたとすると、1年間の収入は約6億円だ。

有料メルマガとしては後発

政治、経済、ビジネスや恋愛工学などをテーマにした「週刊金融日記」を、複数のメルマガ・プラットフォームで発行し、多数の読者を獲得しているカリスマブロガーの藤沢数希氏は、「有料メルマガは年間10億~20億円ぐらいの市場を形成していると推定できる」と話す。

有料メルマガでは、まぐまぐ!や夜間飛行などが先行。ドワンゴは後発の部類だが、「業界トップのまぐまぐ!よりも、有料会員獲得の初速に勢いがある」(関係者)という。ドワンゴは、ニコニコ動画の専用回線やニコニコ生放送の優先視聴などの特典を月額525円で得られるプレミアム会員を現在200万人以上抱え、すでにコンテンツ課金で高い実績を挙げている。ブロマガについても有料読者を獲得しやすかったという流れはある。

次ページ出版社は有料化に苦戦
人気記事
トピックボードAD
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。