「世界一」を目指すスマートニュース

浜本階生社長が描く急成長シナリオ

スマホでニュースをサクサクと読むことができるニュースアプリが今、ホットだ。「Anntena(アンテナ)」「Gunosy(グノシー)」など多くのサービスが、それぞれの個性を競っている。そうした中で、ツイッターでの引用をもとに重み付けをしてニュースを配信しているのが「SmartNews(スマートニュース)」だ。

チャンネルプラスにロイターが加わった

昨年12月に浜本階生社長が率いるゴクロ*(本社・東京都渋谷区)が開始したこのスマホ向けアプリは、数あるニュースアプリの中でも有望株のひとつである。今年8月にはグロービス・キャピタル・パートナーズから4億2000万円の出資を受け入れ、来年8月までに1000万ユーザーの突破をめざし、コンテンツの充実に努めている。

(注)10月1日付けで「スマートニュース」に社名変更

足元のユーザー数は公表していない。しかし、ユーザー数が好調に伸びていることがわかる数値はある。スマートニュースには、ユーザーが選択して付加できるタブとして、「チャンネルプラス」(9月17日にロイターが加わり11社17媒体)がある。8月8日には、このチャンネルプラスののべ利用者数が100万人を突破したという。

目標は「世界一のニュースサービス」

掲げる目標は遠大だ。浜本社長は「吹いているように思うかもしれませんが」とはにかみつつ、将来の目標を次のように語る。「ニュースを届けるもっともいい方法を生み出したい。まずは日本でトップを目指す。現状でも他の言語のツイッターも解析しており、いつでも世界展開もできる。世界一のニュース配信サービスを実現したい」。

社員数はわずか6名。新たに採用が決まった社員は、東京大学の大学院で素粒子を専攻したPhD。今後1年で40名体制を目指すが、採用するのは優秀なエンジニア中心。それを崩すつもりはない。スマートニュースのコアコンピタンスは、浜本社長が開発した、独自のニュース収集アルゴリズムであり、典型的なテクノロジー・オリエンテッドの会社なのだ。

次ページ浜本社長ってどんな人?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。