「世界一」を目指すスマートニュース

浜本階生社長が描く急成長シナリオ

スマホでニュースをサクサクと読むことができるニュースアプリが今、ホットだ。「Anntena(アンテナ)」「Gunosy(グノシー)」など多くのサービスが、それぞれの個性を競っている。そうした中で、ツイッターでの引用をもとに重み付けをしてニュースを配信しているのが「SmartNews(スマートニュース)」だ。

チャンネルプラスにロイターが加わった

昨年12月に浜本階生社長が率いるゴクロ*(本社・東京都渋谷区)が開始したこのスマホ向けアプリは、数あるニュースアプリの中でも有望株のひとつである。今年8月にはグロービス・キャピタル・パートナーズから4億2000万円の出資を受け入れ、来年8月までに1000万ユーザーの突破をめざし、コンテンツの充実に努めている。

(注)10月1日付けで「スマートニュース」に社名変更

足元のユーザー数は公表していない。しかし、ユーザー数が好調に伸びていることがわかる数値はある。スマートニュースには、ユーザーが選択して付加できるタブとして、「チャンネルプラス」(9月17日にロイターが加わり11社17媒体)がある。8月8日には、このチャンネルプラスののべ利用者数が100万人を突破したという。

目標は「世界一のニュースサービス」

掲げる目標は遠大だ。浜本社長は「吹いているように思うかもしれませんが」とはにかみつつ、将来の目標を次のように語る。「ニュースを届けるもっともいい方法を生み出したい。まずは日本でトップを目指す。現状でも他の言語のツイッターも解析しており、いつでも世界展開もできる。世界一のニュース配信サービスを実現したい」。

社員数はわずか6名。新たに採用が決まった社員は、東京大学の大学院で素粒子を専攻したPhD。今後1年で40名体制を目指すが、採用するのは優秀なエンジニア中心。それを崩すつもりはない。スマートニュースのコアコンピタンスは、浜本社長が開発した、独自のニュース収集アルゴリズムであり、典型的なテクノロジー・オリエンテッドの会社なのだ。

次ページ浜本社長ってどんな人?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT