「日本人はクリエーティブでない」はウソ

「スキル」に差はない!では何が足りないのか?

「日本にベンチャーカルチャーをつくりたい」
伊佐山元氏が立ち上げた新会社WiLの共同創業者である西條晋一氏と松本真尚氏の2人とそれぞれ「シリコンバレーと日本をつなぐ」「日本の大企業のオープンイノベーションを支援する」というミッションについて語る。
今回の対談は、元ヤフーCIO(最高新規事業責任者)の松本真尚氏。松本氏はヤフーの井上雅博・元社長の下、ヤフーBB・ヤフーショッピングの立ち上げを行い、ソフトバンクの孫正義社長の下、ボーダフォンの買収に携わり、その後はヤフージャパンのトップページをはじめとする主管サービスを担当するなど第一線で活躍してきた。
伊佐山氏いわく「アメリカやインドを含め、海外でのビジネス経験も豊富で、斬新な発想力や異業種を巻き込む力も持っている。日本のベンチャーシーンを支えた経営者のひとり」である。

ベンチャー“ブーム”で終わらせたくない

伊佐山元(以下、伊佐山):今、日本のベンチャーシーンは大きく動いています。

現在、政府はベンチャーキャピタルに企業が出資した場合、法人税を減税する優遇措置の方針を決めるなど、「ベンチャー投資の促進」の動きが活性化している。また、ここにきて、ベンチャー市場の動きも、政府がファンドを立ち上げるなど“おカネ”は増えており、ベンチャー企業の資金調達も増加傾向にある。

さらに、若手起業家も数多く生まれています。特に、シリコンバレーの有力スタートアップ・インキュベーターである「Yコンビネーター」や「500スタートアップス」から日本人起業家の卒業生も出ているなど、10年前には考えられない動きもある。また、起業に成功した人たちが、エンジェル投資家になり、2週目を歩み始めています。すべてが「そろっている」と言っても過言ではない。

松本真尚(以下、松本):この盛り上がりを“ブーム”として終わらせないようにしたい。国が制度を作るだけ、若者にアントレプレナーシップ教育を行うだけでは一過性の“ブーム”で終わってしまう。“ブーム”で終わらず、「カルチャー」として定着させること――。「シリコンバレーと日本をつなぐ」「大企業とベンチャーをつなぐ」ことでその基盤を作りたいと思っています。だって、シリコンバレーのことを“ブーム”だと言う人は、誰もいないわけだから(笑)。

次ページ多様性が生む“ぶつかる”文化が必要
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT