「日本人はクリエーティブでない」はウソ

「スキル」に差はない!では何が足りないのか?

クリエーティブでクレージーな人を支援する人やおだてる人もいないし、やりたいと思ったときにすっと入れる環境もない。そして、リスクもとれない。才能に対しての投資ができなければ、どんなに才能があっても開花するのは難しいと思うのです。結局、ベンチャー支援というのは、おカネや制度の問題ではなく、そこに挑戦する“人”を見て、理屈を超えて支援したいという気持ちになるかだと思います。

日本は、才能が開花した後に「弊社とぜひ」みたいに声をかける。「会いに行ったのに会ってくれなかった人たち」「1回も会いにこなかった人たち」が、です。

松本:日本人からは、シリコンバレーはまだまだ遠い場所と思われがちです。ただ、僕は英語に関しては、話してる事は大体理解できるけど、話せないという典型的な日本人ですが、シリコンバレーの人たちは英語がわからないとなるとホワイトボードにポンチ絵を使いビジュアライズしながら話してくれるほど、フレンドリーでオープンです。また、シリコンバレーでは「会いたい人に会える」。たとえばグーグルやアップルの執行役員なんて「会ってくれないのではないか」と思ってしまいますが、きちんと「目的」と「やりたいこと」を伝えれば、「で、何?」とはならない。むしろ、日本人は何を考えているのかを貪欲に手に入れようと、真剣に話を聞いてくれる。

伊佐山:僕らがWiLでこれからやろうとするひとつは、シリコンバレーのようなベンチャーカルチャーを日本でも定着させることです。日本の起業率は世界的にみても、まだまだ低い。それにはシリコンバレーのようなカルチャーと仕組みが必要になります。日本では、やっと1度ベンチャーで成功した人たちが、エンジェル投資家などで“2週目”の仕事をしている。この動きを加速させなければ――と思っています。

では加速させるためには、何をすればいいか――。それは、チャレンジする人を増やして絶対数を増やすことだと思います。チャレンジする人が増えるから成功者が増え、成功者が増えるから2週目が増える、という「循環」が起きるからです。そういうチャレンジする人を増やすために、1.日本の大企業と日本のベンチャーの間にある壁、2.日本のベンチャーと海外のベンチャーの間にある壁、3.日本の大企業と海外のベンチャーにある壁――を、シリコンバレーと日本をつなぐことで壊していきたいと思っています。

(構成:山本智之 撮影:今井康一)

本連載の筆者・伊佐山元氏の書籍『シリコンバレー流世界最先端の働き方』(中経出版)が発売中。シリコンバレーの働き方を「スタイル(流儀)」「ビジョン(志)」「アイディア(発想)」「プリンシプル(行動)」など6つのテーマに分けて、自身の経験をベースに紹介されています。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT