「世界一」を目指すスマートニュース

浜本階生社長が描く急成長シナリオ

「このサービスには社会的な意義もある」

とはいえ課題もある。なにしろ目下のところ、スマートニュースの収入はゼロ。無料サービスであり、広告収入もない。いくら少数精鋭とはいえ、まとまった額の赤字を出し続けている状況だ。

いったいどうやってマネタイズ(収益化)するのか。「今はまったく考えていません。なぜなら今考えてもムダだと思うんですよ。会員10万人で行う場合のビジネスモデル、会員1000万人で行う場合のビジネスモデルはまったく違うと思う。利益を心配するのはもう少し先でいいと思っています」。

マネタイズは具体化できていなくても、長期的な目標は明確だ。「集合知をもとにした最適なニュース提供サービスを世界で展開していきたい。今は新興国でもスマートデバイスを持つ人がどんどん増えてきている。新聞を読んだこともない人が、最初にニュースに触れるのはスマートデバイスということになるはずで、スマートニュースを世界に展開することには、社会的な意義もあると思っているんです」。
 

(撮影:尾形文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。