フェイスブックの株価は、なぜ高騰したのか

“弱み”だったはずの「モバイル広告」が急拡大

フェイスブックの株価は急騰。時価総額は1100億ドルを超えた

世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)として知られる米フェイスブック(Facebook)に対する株式市場の評価が様変わりしている。2012年5月の上場以来、「スマホに乗り遅れてマネタイズ(収益化)に失敗している」との懸念から株価は低迷。上場初値の42ドルをピークに20ドルを割り込む水準まで売り込まれ、その後も30ドル近辺をフラフラしていた。

しかし、今年7月24日に発表した第2四半期(4~6月)決算ではモバイル広告(=スマホ向けの広告)が急伸し、全広告収入に占める比率は41%(第1四半期は30%)へ上昇。モバイル広告の貢献で、広告収入も対前年同期比61%増の15億9900万ドルに達した。この実績により、フェイスブックはスマホ時代にもマネタイズ(収益化)できることを証明した。株価は急上昇し、9月に入って初値の42ドルも突破。9月25日時点の株価は49ドルを超えている。

ユーザー数の増加も続いている。6月末時点で、月に1回以上ログインする月間アクティブユーザーは前年同月末比21%増の11億5000万人、1日1回ログインするデイリーアクティブユーザー数も同27%増の6億9900万人になった。しかも月間アクティブユーザー11億5000万人のうち8億1900万人がモバイルユーザー。つい数カ月前まではモバイルユーザーが増えることはフェイスブックにとっての逆風と見られていたが、今では成長の追い風そのものだ。

ニュースフィード広告の爆発力

フェイスブックは、なぜモバイルの収益化に成功したのか。その秘密はフェイスブックのメイン画面である「ニュースフィード」に通常の記事のような形で表れるニュースフィード広告が、うまく浸透したことにある。それまではパソコン画面右の専用枠が広告ビジネスの中心だったが、2012年1月からニュースフィードへの広告掲載を開始。これにより、パソコン、モバイルの双方に同一の広告を表示できるようになった。

次ページフェイスブックの広告の特徴は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT