「世界一」を目指すスマートニュース

浜本階生社長が描く急成長シナリオ

浜本社長は2005年に東京工業大学工学部情報工学科を卒業。IT会社のオープンナレッジに勤務するかたわら、さまざまなウェブサービス用プログラムを作成し、多くの賞を受賞してきた。浜本社長が主に取り組んだテーマは、ウェブに氾濫する情報の整理、可視化だ。2010年にフリーになってからは自宅に10台のサーバーを設置し、ツイッターで引用される重要度の高いニュースを収集する方法を生み出した。「単につぶやきの量で重要性を判断するわけではなく、つぶやき量が急増する上昇カーブも分析するなどして、独自のアルゴリズムを作りました」。

パーソナライズ機能は「封印」

このプログラムを活用し、2011年10月にパーソナライズしたニュース配信サービス「Crowsnest(クロウズネスト)」をリリース。クロウズネストは、ツイッターで話題になっているニュースをリアルタイムに届けるサービスで、ユーザーのツイッターのフォロー関係を元に、おすすめニュースを届けるのが大きなポイントだった。「しかし、ユーザーは思ったほど増えなかった。今でもこのサービスは続けていますが」。

そこでクロウズネストからパーソナライズの機能をオフにして作り出したのが、スマートニュースだ。すべてのツイッターのつぶやきを分析から得られる集合知を活用することで、何が有益なニュースであるかを判断して表示する。そのため、表示されるニュースのラインナップは、誰であっても同じ。例外は「ツイッター」というタブで、自分がフォローしているユーザーのつぶやいているニュースを読める。つまり、人によって表示されるニュースは異なる。

パーソナライズしてニュースを集めてくるサービスとしては、グノシーが有名だ。パーソナライズは今のトレンドに合致した、新しさを備えているようにもみえる。しかし、浜本社長は「パーソナライズについては、将来はやるかもしれないが当面はやらない」という。「世の中の共通の関心事を読みやすく提供する。まずは、ここに集中したい」。

次ページサービス開始時には「炎上」も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。