ページビュー至上主義にモノ申す!

炎のネットニュース編集者がPV争奪戦に吠えた

スマートフォンの爆発的な普及の裏側で、ウェブサイトの閲覧=ページビュー(PV)を競い合う熱い闘いが繰り広げられている。特に激しいのは、新聞社や通信社、出版社といった伝統的なメディアとネット専業が競い合う、ニュース系サイトの異種格闘技戦だ。
週刊東洋経済は2013年11月16日号(11月11日)発売号で、「PV争奪戦」と銘打った特集を組んだ。PV獲得の先に何があるのか。最前線ではどんな攻防が展開されているのか。この特集では、小学館のNEWSポストセブンをはじめ、複数のサイトにかかわるニュース編集者の中川淳一郎氏のインタビューを一部紹介した。今回はその拡大版を掲載する。

PVはテレビの視聴率に似ている

――ウェブサイトの運営者が、PVを追い求めるのはなぜでしょうか。

まず、サイトに掲載される広告の表示回数である「インプレッション」のノルマを、早く達成したいということがあります。PVを積み上げて広告をたくさん表示させ、クライアント(広告主)に保証しているインプレッションに到達すれば、その枠を次の広告で埋められます。

もう一つは、具体的証拠として、クライアントに説明しやすいということがあります。たとえば、特定分野のサイトで最大のPVを稼いでいるとなれば、「○○系サイトナンバーワン」と名乗れますよね。

クライアントからすると、同じようなサイトの中から、特定のサイトに広告を出した場合に、効果がなくても「○○ナンバーワンのサイトに出したのだから、そこでダメならしょうがない」という言い訳にできるという側面もあります。

いずれもテレビの視聴率と似ていますが、PV至上主義はどうかと思っています。

次ページ下世話なネタほどPVが稼げる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。