ページビュー至上主義にモノ申す!

炎のネットニュース編集者がPV争奪戦に吠えた

スマートフォンの爆発的な普及の裏側で、ウェブサイトの閲覧=ページビュー(PV)を競い合う熱い闘いが繰り広げられている。特に激しいのは、新聞社や通信社、出版社といった伝統的なメディアとネット専業が競い合う、ニュース系サイトの異種格闘技戦だ。
週刊東洋経済は2013年11月16日号(11月11日)発売号で、「PV争奪戦」と銘打った特集を組んだ。PV獲得の先に何があるのか。最前線ではどんな攻防が展開されているのか。この特集では、小学館のNEWSポストセブンをはじめ、複数のサイトにかかわるニュース編集者の中川淳一郎氏のインタビューを一部紹介した。今回はその拡大版を掲載する。

PVはテレビの視聴率に似ている

――ウェブサイトの運営者が、PVを追い求めるのはなぜでしょうか。

まず、サイトに掲載される広告の表示回数である「インプレッション」のノルマを、早く達成したいということがあります。PVを積み上げて広告をたくさん表示させ、クライアント(広告主)に保証しているインプレッションに到達すれば、その枠を次の広告で埋められます。

もう一つは、具体的証拠として、クライアントに説明しやすいということがあります。たとえば、特定分野のサイトで最大のPVを稼いでいるとなれば、「○○系サイトナンバーワン」と名乗れますよね。

クライアントからすると、同じようなサイトの中から、特定のサイトに広告を出した場合に、効果がなくても「○○ナンバーワンのサイトに出したのだから、そこでダメならしょうがない」という言い訳にできるという側面もあります。

いずれもテレビの視聴率と似ていますが、PV至上主義はどうかと思っています。

次ページ下世話なネタほどPVが稼げる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT