ヤフーと楽天、ライバル2社を分析する

ヤフーがECモール出店無料化、楽天は大丈夫?

ヤフーが、インターネット経由のショッピングサービス「Yahoo!ショッピング」の出店料と売り上げロイヤルティを無料にすると発表しました。これによって、EC(eコマース)モール国内最大手の楽天に大きなダメージがあるのではないかという観測が出ており、発表日には同社の株価が大幅に下落。同時にヤフー株も、「無料にして本当に儲けが出るのか」という不安から急落しました。
 実際、ヤフーの新サービスによって、2社の業績はどのような影響を受けるのでしょうか。昨年度の2012年(平成24年)12月期決算内容を分析しながら、予測します。
楽天日本一セールでの不正価格表示で対応に追われる三木谷浩史・楽天会長兼社長。ヤフーの新サービスが、楽天にどう影響するのかも気になる(撮影:尾形 文繁)

ECから金融にシフトしつつある楽天

まずは、楽天の決算書を分析してみましょう。収益性を調べるために、損益計算書を見ていきましょう(できれば、同社の損益計算書(2012年度通期決算短信の10ページ)を参照しながらこの文章を読んでください)。

「売上高」は3799億円から4434億円まで、およそ16.7%も伸びています。そして「営業利益」は、707億円から722億円までの増加。「売上高営業利益率(営業利益÷売上高)」は16.3%と高い水準ですから、かなり効率的に利益を出している会社だと言えます。

では、楽天は主にどのような事業で儲けているのでしょうか。セグメント情報(同短信の20ページ)を見てみましょう。セグメント利益が最も大きいのは、「インターネットサービス」の586億円です。これは、楽天市場をはじめとするECサイトやポータルサイト、電子書籍事業などの利益が含まれます。

次ページ確かに楽天はネットサービスが稼ぎ頭だが……
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT