J.フロントと近鉄百貨店を分析する

アベノミクスで百貨店は本当に潤ったのか?

 安倍政権が発足してから、株式や土地などの資産の価格が上昇することで、消費や投資が活発になる「資産効果」が起こっています。特にその恩恵を享受した業種は、百貨店だと言えるでしょう。本コラムでも、過去2回にわたって百貨店の分析を行ってきましたが、アベノミクスが本格的にスタートしてからおよそ5カ月間に、どれほどの好影響を受けたのか、あらためて検証してみたいと思います。
今回は、大丸松坂屋やパルコを傘下に持つJ.フロントリテイリング(以下、Jフロント)と、近鉄百貨店の分析を行います。
2012年にパルコがJフロント傘下に入ったことで、グループの収益力は改善した(撮影:梅谷 秀司)

事業のリストラで業績が改善したJフロント

まず、Jフロントの2013年3~8月期の決算内容から見ていきます。損益計算書(決算短信の8ページ参照)に注目しますと、「売上高」のうち「商品売上高」は、4533億円から5536億円まで、約20%も増えています。「営業利益」に至っては、91億円から179億円まで、ほぼ倍増です。

やはり、アベノミクスによる資産効果が好影響をもたらしたのでしょうか。もう少し詳しく調べるために、事業ごとの売上高と利益を示したセグメント情報(同短信の13~14ページ)を見てみましょう。

次ページJフロントのセグメント情報を見てみよう
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT