スタートトゥデイが放つ「WEAR」の衝撃

ファッションもショールーミング化する?

パルコは11月8日から期間限定で「WEAR」を実験導入する

衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイが10月31日に開始した新サービス「WEAR(ウェア)」がファッション業界に大きな波紋を呼んでいる。

WEARはバーコードスキャン機能などを備えた、ファッション特化型のサービスだ。

専用のアプリをインストールしたスマートフォンなどで、店頭に掲示された「チェックインバーコード」に次いで商品のバーコードを撮影すると、その商品の価格や色などの詳細情報やコーディネートの例などを見ることができる。店頭で下見をし、買わずに家に帰ってじっくり考え、気に入ったらゾゾタウンなどのネット通販サイトで好きなときに買える。

200以上のブランドが参加

同じ商品でも異なる色柄やサイズが店頭在庫にない場合、WEARを活用することで販売機会の損失を減らすことができる。「ユナイテッドアローズ」や「アーバンリサーチ」など200以上のブランドがサービス開始当初から参画をした。

「お客さんにとってもブランドさんにとっても、間違いなく便利なサービスになると思う」と、前澤友作社長は自信たっぷりだ。

次ページ商業施設がこぞって反発
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT