スタートトゥデイが放つ「WEAR」の衝撃

ファッションもショールーミング化する?

前澤社長は「(商業施設に)WEARを導入していただくのを最優先に、システムや金銭的な面で柔軟に話し合う準備がある」と、パルコに限らず商業施設ごとに条件交渉を行う姿勢を示した。

WEARには物議をかもしている「バーコードスキャン機能」のほかにも、いくつかの斬新な機能がある。衣料カテゴリーやシチュエーションなどからコーディネート写真を検索できる「コーディネートレシピ機能」、自分の手持ちの服をデータベース化して管理したり、日々の自分の着こなしを写真で記録したりする「マイクローゼット機能」などだ。「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)機能」で友人やショップ店員などのコーディネートやコメントを見ることもできる。

このようなWEARの機能が実現したのは、ゾゾタウンで10年近く積み重ねたノウハウがあるからだ。スタートトゥデイはWEARアプリのダウンロード数でゾゾタウンの会員数に匹敵する500万を目指している。

ビジネスモデルが不透明との指摘も

10月31日の決算説明会で前澤社長は、言葉を選びながら慎重に説明していた

とはいえ、ビジネスモデルには不透明な面がある。決算説明会の場でも、WEARが何で利益を稼ぐのかについての質問が相次いだ。

前澤社長は「今は利用者層と店舗の拡大に力を入れる。今期中はマネタイズ(収益化)するつもりはない。(収益化方法としては)各ブランドのウェブサイトへの送客手数料や、優れたコーディネートレシピへの課金など、いろいろなことが考えられる」と説明するにとどめた。

まだまだ荒削りな点が目立つ。大きなポテンシャルがあるものの、解決すべき課題も多いサービスといえるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT